スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬を買えば競馬は勝てるのか研究しています。皆さんに役立つ情報をお届けできるよう頑張ります。

ターコイズステークス2018コロ助予想

コロ助「やっぱり土日に重賞1つずつが楽だよね~。」

 

実況「確かに重賞が2つもあると予想するのも大変ですよね。」

 

コロ助「予想に入る前に今日はもう1本記事を書いているのでこちらを読んでからターコイズステークスの予想を見て貰えるとより一層楽しんで貰えると思います。」

 

逃げ馬の単複は本当に勝てるのか?

 

実況「今回はラキシスサトノアラジンの弟のフローレスマジックが人気になっていますね?」

 

コロ助ラキシスサトノアラジンも奥手の馬だったから、本格化してきたのとルメール騎手が乗ることへの期待でしょうね。ただいきなり重賞でこの人気は過剰人気でしょうね。

来たら仕方がないと割りきって消します。」

 

実況「良血と言えばレッドオルガも兄弟が活躍馬が多いですよね?」

 

コロ助「兄弟にはクラレントレッドアリオンレッドアヴァンセなどがおりエリモピクシーは凄い母馬ですよね。気になるのは右回りで好走した経験がなく、兄弟も平坦巧者でした。

中山ではパフォーマンスを落とすと見ているので消します。」

 

実況「めっちゃ消しますやん。じゃあ本命は?」

 

コロ助「本命はカワキタエンカ。」

 

実況「えー?カワキタエンカ狙いにくいって言ってたじゃないですか?」

 

コロ助「前走は意味わからないダート、その前は明らかに速すぎる逃げと敗因は明らか。今回外枠を引いたのは痛いが他に逃げる馬がいないのでこの馬の単騎逃げが濃厚。距離はもう少し長いほうがいいと思いますが展開的に恵まれるじゃないでしょうか?得意の右回りに変わるのもプラスですよね。」

 

実況「なるほど。対抗馬は?」

 

コロ助「人気馬ではプリモシーンが強いでしょう。能力的には3歳では上位の力を持ちながら、春は能力を発揮できる騎乗をしてもらえなかった。関谷記念を勝ったのは、全然不思議じゃないし、元々これくらいの能力があったということでしょう。内回りで距離が長かった秋華賞からフェアリーステークスを勝っている中山マイルに変わるのはかなりプラスで競馬のしやすい枠を引きましたし最後はしっかりと伸びてくるでしょうね。」

 

実況「私もプリモシーンは3歳ではかなり強いような気がしています。桜花賞でもNHKマイルでも詰まらなければという競馬でしたしね。」

 

コロ助「今回買いたいのはもう1頭。ミスパンテールが面白そう。最近は結果が出ていないが重賞3勝のこの馬の評価が低すぎる。去年の勝ち馬ですし得意のマイルに戻っての一変があってもいいのでは?」

 

ターコイズステークス コロ助予想

◎カワキタエンカ

○プリモシーン

▲ミスパンテール

 

買い目

ワイドボックスで総取りを狙います。

 

実況「ワイドボックスですか?」

 

コロ助「この前の記事でワイドのことを書いたしね。今回はワイドボックスで勝負します。」

 

競馬で学ぼう その2一石二鳥

 

実況「一石三鳥を狙うんですね?」

 

コロ助「あるんじゃない?一石三鳥。

これで当たったらワイドボックスのことをこれから一石三鳥と呼ぶことにするよ。」

 

実況「ワイドボックスが当たれば3連複も当たりますよね?」

 

コロ助「そっか。100円だけ買っとこ~。」

 

実況「ボックスなら◎ー▲でも○ー▲でも当たりですしね。」

 

コロ助「そうなのです。○ー▲で当たっても当たりましたアピールするのでヨロシク~。」

こちらの記事もよろぴこです。

逃げ馬の単複は本当に勝てるのか?

 

 

 

 

 

 

逃げ馬の単複は本当に勝てるのか?

コロ助「アリマ行きまーす。」

 

実況「ガンダムJRAのコラボのやつですね?」

 

コロ助「見て笑っちゃった。コロ助がやるような内容をJRAがやってるんだもん。」

 

実況「若い人は全然分からないでしょうね?」

 

コロ助「初代ガンダムだしね。知ってる人には心に突き刺さる面白さがあったよね。ああいう面白さをブログで出していけるようにがんばりますよ。」

 

実況「頑張っていきましょう。今日は何のテーマで話を進めましょうか?」

 

コロ助「今日のテーマは

逃げ馬の単複は本当に勝てるのか?です。」

 

実況「今日は真面目な内容になりそうで、ほっとしましたよ。」

 

コロ助「競馬は逃げ馬を買えば勝てる。これは結構有名な話ですよね。前にも言ってたけど、コロ助は今年の逃げ馬の成績をエクセルにまとめていたんですよ。」

 

実況「コツコツやってましたね。」

 

コロ助「前からブログを読んでいる人は知ってると思うけど、菊花賞当日にスマホがまさかの水没で故障。エクセルのデータがオジャン。」

 

その時の様子がこちら

短編ホラー小説『Kの悲劇』

 

実況「あれは悲劇でしたね。」

 

コロ助「発狂しそうだったよね。ただ半年間ひたすら逃げ馬のデータを打ち込んで分かったことは

逃げ馬の単複は勝てる可能性はある。」

 

実況「あれ?勝てると言い切りませんでしたよね?」

 

コロ助「確かに半年間のデータでは逃げた馬の回収率は単勝200%複勝が150%くらいあったと記憶してます。」

 

実況「じゃあ勝てるんじゃないですか?」

 

コロ助「ただ問題が2つあります。1つ目はどの馬が逃げるのかわからないということです。いきなり今まで逃げたことかない馬が逃げるかもしれませんしね。」

 

実況「それじゃあ2つ目は?」

 

コロ助「連敗に耐えれる資金とメンタルが必要になることです。

データを取っていてわかったことは、回収率を上げる要因は

人気薄の逃げ馬の激走です。

人気の逃げ馬はどうしても配当が安いので、回収率を上げる要因にはなりません。単勝10倍以上の逃げ馬を仕留められるがポイントになりそうです。

つまり人気薄の逃げ馬を狙い続けて、ハマった時に一気に回収するのが逃げ馬の単複で勝つために必要な方法であると仮説を立てました。」

 

実況「なるほど。2倍や3倍の逃げ馬ではだめなんですね。」

 

コロ助「安い配当では連敗するとすぐにマイナスになりますからね。」

 

実況「あとは逃げ馬を狙うポイントなどはありますか?」

 

コロ助「やはり芝よりはダートのほうが前が有利になりやすいので狙いやすいです。ただ配当的には芝の方が高配当になる感じがします。」

 

実況「クラス的にはどうですか?」

 

コロ助「やはりクラスが下のほうが逃げ馬の勝つ確率は高いですね。」

 

実況「未勝利戦なんかはスピードが早い馬から抜けていくみたいなところありますからね。」

 

逃げ馬の単複で勝つには、

 

  • どの馬が逃げるのかを当てる精度を上げる。
  • ハズレを恐れずに人気薄の逃げ馬を買う。
  • 逃げ馬に有利なコースで狙う。

 

コロ助「これを徹底すれば勝てる可能性は十分にあるでしょうね。」

 

実況「逃げ馬を本命にしなくても、常に警戒は必要ですよね?」

 

コロ助「そうなんです。エリザベス女王杯のクロコスミアなんかは記憶に新しいよね。ちょっと前になるけどヴィクトリアマイルミナレットなんかは凄かったよね。」

 

実況「ミナレットが激走したおかげで3連複が200万、3連単が2000万馬券になりましたもんね。」

 

コロ助「競馬は基本的に不利を受けにくい前が有利です。

特に人気薄の逃げ馬は舐められることもあるので、まんまと逃げ切ったり粘ってしまって波乱を起こすこともしばしば。高配当をもたらすトリガーとして少し抑えるのもメリットがあるでしょう。」

 

実況「コロ助さんも逃げ馬好きですもんね?」

 

コロ助「逃げ馬を狙う最大のメリットってわかります?」

 

実況「儲かるからじゃないんですか?」

 

コロ助「画面にいっぱい映ること(笑)。」

 

実況「えー。」

 

コロ助「追い込み馬を本命にしていたら最後の直線で全く映らず終わることってよくあるでしょう?逃げ馬や先行馬なら最後の直線までしっかり画面に映って4着以下になるまで楽しめるじゃん。」

 

実況「たしかに逃げ馬はめっちゃ映りますよね。」

 

コロ助「抜かれるまでは相当ドキドキしながら楽しめるよ。」

 

実況「でも人気の無い逃げ馬が粘って波乱になることはよくありますよね。」

 

コロ助「逃げ馬は人気の無いほうが、より怖いです。しっかり抑えておきましょうね。

 

人気薄の逃げ馬は侮ってはいかんぜよ。」

 

 

 

 

 

 

競馬で学ぼう。一石二鳥。

 

 

 

 

競馬で学ぼう その2一石二鳥

一石二鳥

1つの行為で2つの利益を得ること。

 

実況「一石二鳥ってあれですよね。1つの石を投げたら鳥を2羽ゲットみたいな話ですよね。」

 

コロ助「漢字のまんまだね。競馬でも一石二鳥って結構あるよね?」

 

実況「例えば何でしょう?」

 

コロ助「めっちゃ予想を楽しんでお金が貰える。一石二鳥じゃん。」

 

実況「お金が無くなることもありますよね。」

 

コロ助「ギャンブルはボケ防止になるんだぜ。競馬を楽しんでボケ防止。一石二鳥じゃん。」

 

実況「それはありますよね。ギャンブルをすることで頭にドーパミンが流れるのでボケ防止に繋がるみたいですよね。頭も使いますし。」

 

コロ助「その上お金が貰える。一石三鳥じゃん。政府にはボケ防止の為に競馬をすることをもっと推奨してもらいたい。さらに地方競馬みたいにJRAもポイント還元システム導入してほしい。」

 

実況「話がどんどん脱線していってますよ~。」

 

コロ助「じゃあさ、馬券でも一石二鳥ってあるのわかる?」

 

実況「え?なんですかね?」

 

コロ助「ワイド。」

 

実況「ワイドですか?あんまり人気の無い馬券ですよね。」

 

コロ助「ワイドは結構使い勝手いいよ。まずは当たりやすいよね。1着2着でも1着3着でも2着3着でも当たりだからね。さらにヒモ抜けがないのがいいですよね。最後の1席に最低人気の絶対に買えないような馬が来ても当たりだしね。」

 

実況「昨日のコロ助さんのクイーン賞○アイアンテーラーサルサディオーネで決まりながら3着が抜けて悶絶みたいなこともないですしね。」

 

コロ助「そうなんです~。馬連も3着は何が来ても当たりだしね。当たりやすくてヒモ抜けも防げる。まさに一石二鳥じゃん。」

 

実況「3連複、3連単はヒモ抜けがどうしても出てきますしね。ワイドで抑えてから3連複、3連単でボーナスを狙うのもありですよね。」

 

コロ助「そうだね。あとはワイドはダブル的中、トリプル的中が狙えるね?」

 

実況「ワイドは的中の組み合わせが三点ありますしね。」

 

コロ助「ワイド流しならダブル的中、ボックスならトリプル的中の可能性があります。意外にダブル的中、トリプル的中をゲットすれば配当的にもそれなりの破壊力がありますよ。」

 

実況「もちろん人気馬ばかりの組み合わせはだめですよね。」

 

コロ助「好走する可能性がある穴馬を絡めることが大事ですよね。怪しい人気馬がいると、さらに熱いですね。」

 

実況「3連複3連単のヒモ抜け地獄に陥ってる方は1度ワイドを使うことも考えてみてはいかがでしょうか?」

 

コロ助「そして脳内にドーパミンを流してボケ防止に励みましょう。

死ぬまで競馬を楽しむぞ~。」

 

こちらの記事もよろぴこです。

今年の漢字から読む有馬記念のサイン馬券は?

 

 

 

今年の漢字から見る有馬記念のサインは?

コロ助今年の漢字は『災』でしたね。」

 

実況「今年は災害が多かったですからね。」

 

コロ助「じゃあ今年の競馬を漢字で表すと何になるかな?」

 

実況「この間のディープインパクト大賞と被ってますけど考えますか。」

 

コロ助「やっぱりアーモンドアイやルヴァンスレーヴ、ステルヴィオら3歳の活躍だよね。」

 

実況「まずは3歳の『三』ですね。」

 

コロ助ルメールら外国人無双も話題になったよね。」

 

実況「外国人騎手の『外』と。」

 

コロ助「あとは山田君の周数間違いやホッカイドウ競馬の誤審。」

 

実況「『誤』でいいですかね?。」

 

コロ助「忘れてはならないのがチャンピオンズカップケイティブレイブの敗因。」

 

実況「西日が言いたかっただけでしょう?」

 

コロ助「でもインパクトあったよね。」

 

実況「はいはい。西日の『西』ですね。」

 

コロ助「三、外、誤、西。どれがいいかな?」

 

実況「さすがに西はダメでしょう。」

 

コロ助「え?コロ助は西がいいんだけどな。」

 

実況「1年間を表す漢字ですから。」

 

コロ助「それならやっぱり3歳の『三』だね。」

 

実況「それならみんな納得じゃないですか?」

 

コロ助コロ助が勝手に決めちゃいました。今年の漢字は『三』にします。」

 

実況「アーモンドアイを筆頭に3歳が大活躍しましたもんね。」

 

コロ助「まだ3歳の大活躍あるかもしれませんよ。」

 

実況「えっ?」

 

コロ助有馬記念に3歳出てくるよね?」

 

実況「ブラストワンピース?」

 

コロ助「ふっふっふ。ブラストワンピースが有馬記念で勝つことで真の今年の漢字が『三』になるのだ~。」

 

実況「思い付きで言ってますよね?コロ助さん?」

 

コロ助「うん。」

 

実況「真に受ける読者さんいたらどうするんですか?」

 

コロ助予想屋さんいつも言ってるじゃないですか。

馬券は自己責任。」

 

実況「やっぱり最悪だこの人。」

 

こちらの記事もよろぴこです。

グランアレグリア本命の人専用の記事です。違う馬本命の人は見たらダメよ。

グランアレグリア本命の人限定記事を書きました。

※閲覧注意 本日はグランアレグリア本命の人向けの記事になっております。

 

コロ助「違う馬が本命の人は離脱していいよ~。」

 

実況「そんなことを言うブログ書くのコロ助さんくらいですよね。」

 

コロ助「そうでしょうね。それでは本題です。今さらグランアレグリアの強さを語っても仕方がないので飛ばしますが。」

 

実況「えっ?飛ばすんですか?」

 

コロ助「もう本命にすると決めているのなら、その辺りのことは重々承知のはず。まあ色んなブロガーさんがその辺りのことは、詳しく書いているでしょうし、詳しくはそちらをご覧ください。(手抜き(笑))」

 

実況「それじゃあ、今日はなんの話なんですか?」

 

コロ助「グランアレグリア単勝1倍台の断然人気が予想されているよね。ということは利益を出すためには工夫して馬券を買わないといけないですよね。」

 

実況「たしかに。どの馬券もグランアレグリアから売れますよね。どうすれば利益が出るでしょう。」

 

コロ助「はい。では今日はグランアレグリアからどういう攻め方をすればいいのか考えてみましょう。」

 

単勝

おそらく単勝1倍台濃厚。

コロ助「10万賭けても2倍にもならないのか~。

リスクの割りにリターン少ないし止めておこう。」

 

複勝

おそらく1,1倍濃厚。

コロ助「10万賭けても1万しか儲からないのか~。

リスクの割りにリターンが少ないし止めておこう。」

 

○ワイド馬連

コロ助「グランアレグリアから人気馬を相手にするなら絞る、もしくは人気薄を相手に買う。馬連を数点買うならオッズをしっかり確認しましょう。

個人的にはグランアレグリアと穴馬1頭のワイド馬連勝負がオススメ。」

 

馬単

馬単は人気薄が頭に来ることで旨味が出る馬券どす。

コロ助「恐らくグランアレグリア頭の馬単はかなり売れるはず。馬連とのオッズ差を確認してください。馬連6倍、馬単9倍とかいうオッズになっていませんか?馬連の2倍はないと期待値的には低いですよね。

断然人気の馬の馬単を買うなら馬連のほうが保険が効くのでオススメどす。」

 

○3連複

グランアレグリアからの1頭軸流しは安い配当ばっかりじゃないですか?

 

コロ助「それなら穴馬と組み合わせた2頭軸流しや2列目に穴馬を入れたフォーメーションをおすすめします。」

 

フォーメーションダメな例。

1列目グランアレグリア

2列目アドマイヤ、ファンタ、ケイデン

3列目 印の馬

 

実況「これは当たりやすいけどダメなやつですよね?」

 

コロ助「1番当たりやすいから初心者さんがやりがちなフォーメーションだよね。当たりやすいけど配当が安いのしか取れないからオススメはしません。やればやるほど資金は減っていくと思いますよ。」

 

3連単

ここも3連複と同様にグラン頭の馬券がものすごく売れるでしょう。

コロ助「旨味的にはグランアレグリアが2着以下に負ける3連単なんどすけどね。まあ、みんな1着固定で買っちゃうんだろうね。これも3連複と同様に穴馬を絡める馬券を買いたいところですね。」

1着グランアレグリア

2着穴馬

3着その他

または

1着グランアレグリア

2着その他

3着穴馬

 

○買わない

グランアレグリアが圧勝するのを馬券を買わずに応援する。

 

実況「なんですか?買わないって?」

 

コロ助「真面目に書いてて疲れて来たんで笑いを入れようと。(笑)」

 

実況「そんなのはいりません。ちょいちょい『どす』って言ってるし。」

 

コロ助「穴が来る余地がないくらいガチガチ濃厚な一戦なら買わないという選択もありですけど、今回はわりとグランアレグリア以外は何が来てもおかしくない感じがしてますので面白くなりそうですけどね。」

 

実況「しっかり予想して取りたいところですね。」

 

コロ助「あー今日は真面目に書きすぎて疲れたわ~。」

 

実況「いつも真面目に書いてくださいよ。」

 

コロ助「疲れるから無理。(笑)」

 

こちらの記事も読んでみてね。

朝日杯フューチュリティステークスの穴馬候補は?

 

 

 

 

コロ助の黒い衝動 クイーン賞2018コロ助予想

コロ助「ぐぉー止めろ~。出てくるな~。」

 

実況「コロ助さん。どうしたんですか?」

 

コロ助「あいつが。俺の中にいるあいつが出てきそうなんだよ。」

 

実況「まさか、あれですか?」

 

コロ助ターコイズステークスでカワキタエンカを買いたいという衝動が俺の中で暴れまわってるんだよ。」

 

実況「ターコイズステークスは結構いいメンバーが揃いましたもんね。カワキタエンカは前走がダートと、よくわからない使われ方をしてますし、狙いにくいですよね?」

 

コロ助「そうなんだけどね。この衝動が週末まで抑えられるか自信がないや。あっ。また来た。

ぐあー。この野郎。治まりやがれ~。」

 

実況「あっ!そうだコロ助さん。これどうぞ。」

 

コロ助「なにその紙は?」

 

実況「明日のクイーン賞の出馬表です。」

 

コロ助「そんなのでこの衝動はおさ…

うおー。サルサディオーネちゃんにアイアンテーラーちゃんがおる。」

 

 

実況「そうなのです。思う存分逃げ馬を買ってください。クイーン賞なら可能性はあるでしょう?」

 

コロ助「ふむふむ。ちょっと待っててね。ちゃちゃっと予想するから。よし決めたぞ。」

 

本命はサルサディオーネ

前走は無理やり逃げに行って玉砕したが、今回は地方の少頭数なのでそこまで逃げ争いは激化しないと見る。アイアンテーラーのほうが主張するかもしれないが、番手の競馬もできるこの馬のほうを上に取ります。得意な左回りになるのもプラスですね。

 

あとはもう1頭の逃げ馬アイアンテーラーと実績No.1のプリンシアコメータ、3歳で上積みのありそうなハービンマオだけを相手に選びます。

 

ブランシェクールは揉まれたくない馬なので内枠を引いたことで思いきって切ります。

 

サルサディオーネ

○アイアンテーラー

▲プリンシアコメータ

☆ハービンマオ

 

実況「これって3連複だとめちゃくちゃ安いですけど?」

 

コロ助「地方はオッズが辛いよね。ここはリスクを取ってサルサディオーネが1,2着になる馬券で勝負してみます。」

 

3連単フォーメーション

◎ー○▲☆ー○▲☆

○▲☆ー◎ー○▲☆

12点

 

コロ助「よーし。明日はそのまま~とたくさん叫ぶぞ。ところでクイーン賞クイーンカップクイーンステークスって、ややこしいよね?」

 

実況「どれがどれか分からなくなりますよね。でもこれでカワキタエンカ買いたい衝動抑えられそうですね?」

 

コロ助「明日、逃げ馬の走りで興奮したら、また出てくるかもしんない。」

 

実況「意味な~いじゃん。」

 

こちらの記事も読んでみてね。

朝日杯フューチュリティステークスの穴馬候補は?

 

 

 

朝日杯フューチュリティステークス穴馬候補は?

コロ助「こんちは。グランアレグリアか普通に勝ちそうな気がしてるコロ助です。」

 

実況「止めてくださいよ。コロ助さんが本命にするとグランアレグリアが飛んでしまう。」

 

コロ助「人を疫病神のように(笑)。」

 

実況「それはともかく今日は穴馬を見ていくんでしたよね?」

 

コロ助「恐らくグランアレグリア本命の人は多いでしょうけど、断然人気になるからね。相手を絞るか穴馬を絡めないと儲からないでしょうね。」

 

実況「確かに。」

 

コロ助「私は『人気馬ー人気馬ー人気馬』で決まったら諦められる人間なんだけど、『人気馬ー人気馬ー穴馬』か『人気馬ー穴馬ー穴馬』みたいな組み合わせの馬券を取りたいよね。」

 

実況「『穴馬ー穴馬ー穴馬』の組み合わせは?」

 

コロ助「そこは確率が低くなりすぎるので狙わない。来たら事故だと思ってます。」

 

実況「確かに狙って取れる馬券ではないですよね。それでは朝日杯フューチュリティステークスの穴馬候補を教えてください。」

 

コロ助朝日杯フューチュリティステークスの穴馬候補は

○ニホンピロヘンソン

前走は単騎逃げの展開になりましたが、捕まりそうな所からさらに加速する二の脚が見事だった。1400メートルからの延長が嫌われそうだが、ルーラーシップ産駒なので距離を伸ばしたほうがいいのではないか?前が残る展開になれば残り目があってもいいのでは?」

 

○エメラルファイト

札幌2歳ステークスはニシノデイジー、クラージュゲリエがその後の重賞で勝利と今振り替えるとレベルが高かった1戦だった。そのレースでスムーズな競馬ができなかったが4着に入ったこの馬も能力は高いのではないか?

前走アイビーステークスはかなりのスローペースでキレ負けした形だが、鞍上がビュイックへ強化しタフな阪神マイルになることでパフォーマンスを上げてくる可能性は十分にあるはずです。

 

マイネルサーパス

前走きんもくせい特別がかなり強い内容。血統、馬主、騎手が地味であんまり人気にはならないだろうが馬の能力は相当高いはず。前走倒したダノンチェイサーは次走勝ち上がっていますし決して弱い馬ではなかった。上がり性能がかなり高い馬なので、早い上がりが使えるというのはこの舞台でも大きな武器になりそうです。ただ騎手が不安。」

 

実況「エメラルファイトはビュイック騎手で多少は人気するかもしれませんね?」

 

コロ助「そうかもしれないよね。上手い騎手が乗れば好走する可能性は上がるけどオッズが下がる。下手な騎手が乗ればオッズは下がるけど好走率が落ちる。このバランスだよね。」

 

実況「あれ~。1番人気の勝春さん本命にした人は誰だったかな~?」

 

コロ助「私だよ。あれは下手な予想でした(笑)」

 

実況「まあ、いい勉強になりましたよね。」

 

コロ助「どこかにルメールが乗って好走しそうな穴馬いないかなー。」

 

実況「そんな馬はいません(笑)」

 

今週はこの記事も書きました。

コロ助の黒い衝動 クイーン賞コロ助予想

朝日杯フューチュリティステークスの危険な人気馬は?

 

聞いてください。コロ助でJ.R.A. 

スポンサーリンク