スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬を買えば競馬は勝てるのか研究しています。皆さんに役立つ情報をお届けできるよう頑張ります。

チャンピオンズカップ2018コロ助予想

コロ助は悩んでいた。

 

コロ助「出るのかい?出ないのかい?」

 

コロ助「出る?出ない?」

 

コロ助「出ちゃう?出ちゃわない?」

 

コロ助「出るのか出ないのか、どっちなんだーい?」

 

実況「ちょっとコロ助さん?何を言ってるですか?」

 

コロ助チャンピオンズカップの1番大事なポイント。1番人気のルヴァンスレーヴがスタートを出るか予想してたんです。」

 

実況「それは大事ですよね。この枠ですからデムーロ騎手とすればある程度は出して行きたいところですよね?」

 

コロ助「上り坂スタートで滑りやすいですからね。さらにスタートの上手くない馬で、スタートの苦手なデムーロさん。これは…」

 

◎出遅れる。

 

結論は出遅れるにしました。ここまでのレースを7:3くらいで出遅れるんではないでしょうか?もしスタートを出て好位のポジションを取れるようならルヴァンスレーヴがすんなり勝つ気がしますね。ただ出遅れてスローにペースをコントロールされた時には差し遅れる可能性はあるでしょうね。

 

それではレースを楽しみましょう。」

 

 

実況「こらー。予想はどうしたー?」

 

コロ助「はっ。ルヴァンスレーヴの出遅れ予想で満足してしまった。(笑)それでは本題のチャンピオンズカップの予想にいきましょう。」

 

実況「しっかりしてくださいよ。」

 

コロ助「逃げるのはサンライズソア。番手が外枠ですがヒラボクラターシュでしょうね。サンライズソアはスローで逃げると予想しますが、ヒラボクラターシュはペースを上げたい馬ですし、もしかしたらヒラボクラターシュの逃げの可能性もあるかも。ただスローになる可能性の方が高いと見てますのでスローペース想定で恵まれそうな馬を狙いたい。」

 

本命はサンライズソア。

前走はテイエムジンソクに早めに絡まれる厳しい展開の中3着に粘り混む強い内容。スローの方がいいと思うが多少流れても大丈夫なのは心強い。今回は単騎のスロー逃げに持ち込めるメンバー構成なので、逃げての粘り混みに期待します。今日も中京ダートの1800メートルでは逃げがバシバシ決まってましたしね。

 

対抗はアンジュデジールにします。

この枠を引きましたし典さんも1発を狙ってるでしょうね。過去にはサンビスタ牝馬で勝ったこともあるレース。好位のインで脚をためれれば1発もあるのでは?

 

この2頭にぶつける人気軸はルヴァンスレーヴとケイティブレイブにします。ルヴァンスレーヴは能力では1番でしょうが、あとはスムーズな競馬ができるかどうか。ケイティブレイブは去年の4着馬だが、去年より遥かにパワーアップしており本格化した今ならスムーズに先行すれば馬券内に入ってくる可能性は高そうです。

 

サンライズソア

○アンジュデジー

▲ルヴァンスレーヴ

ケイティブレイブ

△ヒラボクラターシュ

ウェルタールンド

△パヴェル

3連複フォーメーション

◎○ー▲☆ー○▲☆△△△

単勝

 

ルヴァンスレーヴが絡んでくると安そうなんでノンコノユメ、オメガパフューム、サンライズノヴァは切っちゃいます(笑)」

 

実況「その3頭切っちゃうんですか?」

 

コロ助「バッサリデース。外ヲ回ス馬ハ、コナイデース。」

 

実況「なんで急に外国人に?」

 

コロ助「意味ハナイデース。中京のダートコースはコーナーが急なので外外を回すような馬は厳しいはずだよ。」

 

実況「あっ。戻った(笑)。それではどんな結果になるか楽しみですね。皆さんレースを楽しみましょうね。」

 

コロ助サンライズソアそのままー。」

 

実況「サンライズソアが出遅れたりして(笑)」

 

コロ助「それだけはやめてー」

こちらも要チェックや。

ルヴァンスレーヴ物語~ミルコの眠れない夜~

 

 

 

 

チャレンジカップ2018コロ助予想

コロ助チャレンジカップは普通に予想します(笑)。」

 

実況「チャレンジカップレイデオロの弟レイエンダとエアスピネルの弟エアウィンザーが出走してきますね?」

 

コロ助「どちらも有力ですよね。ここで賞金も獲得したいだろうししっかり仕上げられてそうだね。これはどちらも馬券に絡みそう(笑)もうこの2頭にぶつける馬を探すレースじゃない?」

 

実況「もう人気軸は決まりましたね(笑)」

 

コロ助「逃げるのはマルターズアポジーで間違いないでしょうね。マルターズアポジーが逃げるのでミドルペースが濃厚。逃げ馬が多いがマルターズアポジーが行ってしまえば隊列はすぐに決まりそう。縦長の展開でスタミナも問われ外外を回すような馬は厳しく内を立ち回った馬が有利になりそうです。」

 

実況「コロ助さん?なんか福島記念と似たような流れになりそうですよね?」

 

コロ助「となると狙いは内枠の馬だよね。

 

本命はマウントゴールドにします。

前走は逃げて結果を出しているが、今回はマルターズアポジーがいるので控えるでしょう。武豊騎手が2番手で実質レースの主導権を握る展開に持っていけるのも怖い。コーナー4回の持久力が問われる展開はこの馬には持ってこいで、最終コーナーでマルターズアポジーの外に出して伸びてくる絵が浮かびます。

 

対抗はマルターズアポジー

最近は馬券には絡めていないが、逃げれているうちは1発の可能性はある。今回は武豊騎手が2番手で実質レースを支配してくれそうなので、完全にほっとかれるならば怖いんじやないですか?人気が落ちてきた逃げ馬は怖いで~。

 

チャレンジカップ2018コロ助予想

◎マウントゴールド

マルターズアポジー

▲レイエンダ

☆エアウィンザー

△ダッシングブレイズ

△ロードヴァンドール

△ダンビュライト

 

三連複フォーメーション

◎○ー▲☆ー○▲☆△△△

 

内枠重視で狙ってみます。できれば▲か☆が4着くらいになってくれたら嬉しいですよね。個人的にはマルターズアポジーの勝ちが見たいですけどね(笑)」

 

実況「逃げ馬は舐められてる時が怖いですもんね。」

 

コロ助「もうそろそろマルターズアポジーのマークもゆるゆるになりそうだね(笑)」

 

実況「期待しましょう。」

 

コロ助ステイヤーズステークスの予想も公開しているので良かったら見てくださいね。」

 

ステイヤーズステークスの予想はこちらから

アルバート物語

アルバート物語。~4連覇の偉業に挑む~

ステイヤーズステークス4連覇なるか?

 

実況「皆さん。こんにちは。今日はコロ助さんが仕事で不在の為、私が一人で進行させてもらいます。今日は特別なゲストをお呼びしてますので、早速紹介いたしましょう。

 

アルバートさん、どうぞー。」

 

アルバート「こんにちは。アルバートです。」

 

実況「アルバートさん、いよいよステイヤーズステークスの4連覇に挑む時が来ましたね?

 

アルバート「そうなのです。私にとってステイヤーズステークスは特別なのです。そもそも何故ステイヤーズステークスはG1ではないのでしょう?天皇賞春は馬場が軽すぎて、私には合いません。もっとスタミナが問われるG1があれば私もとっくにG1馬になっていたのにー。」

 

実況「たしかに天皇賞春も立ち回り勝負になりがちですからね。」

 

アルバート「そうなんです。スタミナが問われるG1でゴールドシップ先輩やフェイムゲーム先輩とかと戦ってみたかったのです。」

 

実況「それは見たかったですよね。オジュウチョウサンとかもいればさらに盛り上がりますよね。話をステイヤーズステークスに戻しますが、手応えはどうなんでしょう?」

 

アルバート「この条件では負ける気はしないですね。年齢を気にする人もいるだろうけど瞬発力やスピードは加齢に伴って落ちるがスタミナはあまり落ちないんですよね。スタミナでは若いもんには負けないよ~。ムーアさんがまた上手く乗ってくれるさ。」

 

実況「今回鞍上はムーアさんじゃないですよ?」

 

アルバート「ナンデヤネーン?。

誰が乗るん?まさか日本人ですか?私は日本人じゃ乗りこなせないよ~。」

 

実況「モレイラさんです。」

 

アルバート「セーフ。

モレイラさんなら大丈夫だね。ホントに良かったよ。これで何の心配もなくレースに挑めるよ。」

 

実況「ライバルは誰になりますか?」

 

アルバートアドマイヤエイカンにリッジマン、それに負けたくないのがコウキチョウサン。」

 

実況「コウキチョウサンですか。オジュウチョウサンの弟ですよね?」

 

アルバート「これでコウキチョウサンが勝ってみなよ?オジュウチョウサンの弟ということで騒がれるでしょ?僕の3連覇が霞んじゃうじゃんか。」

 

実況「これは負けられないですよね。」

 

アルバート「G1を勝つことはできなかったけど、ステイヤーズステークス4連覇で歴史に名を刻むのだ。負けられねー。」

 

実況「頑張ってくださいね。本日はありがとうございました。」

 

アルバート「こちらこそありがとうございました。それじゃ失礼します。」

 

実況「あれ?アルバートさん背中にチャックが着いていますよ?」

 

ジーーー

 

アルバート「それ下ろしたらダメー。」

 

コロ助「ぶはー。」

 

実況「えっ?コロ助さんが中に入ってたんですか?」

 

コロ助「もーう。ばれちゃったじゃんよ。みんなアルバートさんが話していると思い込んでたのに。」

 

実況「なんかおかしいとは思ったんですよね(笑)。」

 

コロ助「ばれちゃったもんは仕方がねぇ。

もうステイヤーズステークスの予想をしていきます。」

 

実況「はい。お願いします。」

 

コロ助「本命はアルバートにします。

ここはアルバートの4連覇を素直に期待します。京都大賞典を見ているとそこまで能力の低下はないでしょう。メンバー的にもそこまで強い馬もいないので4連覇が濃厚ではないでしょうか?

 

人気からいくので相手はコウキチョウサンに絞ります。オジュウチョウサンの弟なのでスタミナは問題ないでしょう。二走前の目黒記念では外外を回しながら見せ場たっぷりの内容。今回は内枠を引きましたし、叩き良化型なので一気にパフォーマンスを上げてくるのではないか。瞬発力も兼ね備えているのでどういう競馬をするのか楽しみです。」

 

ステイヤーズステークスコロ助予想

アルバート

○コウキチョウサン

ワイド馬連勝負

 

ごそごそ

 

ごそごそ

ジー

 

実況「コロ助さん?なんでまた着ぐるみ着てるんですか?」

 

アルバート「4連覇できるように頑張りまーす。応援よろぴこー。」

 

こちらも要チェックや。

ルヴァンスレーヴ物語~ミルコの眠れない夜~

 

 

 

ルヴァンスレーヴ物語。ミルコの眠れない夜

これはミルコデムーロの苦難を書いた物語である。

 

ミルコ「ぐーぐーぐー。」

 

実況「勝ったのはフィエールマン、ルメール騎手。エタリオウ、デムーロ騎手は2着。」

 

ミルコ「ハッ。ユメデスカ?」

 

明くる日

 

ミルコ「ぐーぐーぐー。」

 

実況「おっとスワーヴリチャード出遅れました。勝ったのはレイデオロルメール騎手ー。」

 

ミルコ「マカヒキーーー。

ハッ。マタコノ夢デスカ?」

 

また明くる日。

 

実況「勝ったのはリスグラシュー。モレイラ騎手ガッツポーズ。ついにリスグラシューがG1をものにしました。モズカッチャン、デムーロ騎手は3着。連覇ならずー。」

 

実況「勝ったのはステルヴィオペルシアンナイトは2着。」

 

実況「アーモンドアイ。アーモンドアイが勝ちましたー。スワーヴリチャードは3着まで。」

 

ミルコ「ノーーーーーン。」

 

今日も負けのシーンで迎える朝。

 

ミルコはG1で負けるシーンで目が覚める毎日を過ごしていた。秋のG1でミルコが勝ったのは交流重賞南部杯だけ。ミルコのJRAのG1に対する勝利への欲求は日に日に溜まっていった。

 

ミルコ「マイニチ、コンナ夢ヲ見ルノハ、勝ッテナイカラデース。ルヴァンスレーヴデ勝テバ、モウ悪夢モ見ナイネ。チャンピオンズカップハ、ゴールドドリーム、イナイネー。コレハ、BIG chanceネ。」

 

チャンピオンズカップではミルコデムーロ騎手騎乗のルヴァンスレーヴとルメール騎手騎乗のゴールドドリームの2強と見られていた。しかしゴールドドリームが水曜日の時点で出走が取り消しになり、ルヴァンスレーヴの1強と見られていた。

 

ミルコ「ゴールドドリーム イナイハ デカイデスネー。ルヴァンスレーヴ ダートデ1番強イネー。コノメンバーニハ負ケナイネー。」

 

運命の枠順発表の日。

ルヴァンスレーヴは2枠2番を引き当てた。

 

ミルコ「ワタシ誰ヨリモ勉強シテルネ。コノレース、外ヲ回シテハ勝テナイレースネ。ダカラ内枠ハベストネ。

 

気ニナルノハ、スローニ ナリソウナメンバーダト イウコトネー。後ロカラデハ取リコボス可能性ガチョットアルネ。

 

勝ツタメニハ前ニ行クシカナイネ。スタート大事ヨ。スタート出レバマチガイナク ルヴァンスレーヴ 勝ツネー。」

 

ミルコは何回も何回も頭の中でシミュレーションを繰り返した。スタートを決めて好位から差す競馬。スタートを失敗してもサウンドトュルーのようにインサイドアウトで追い込む競馬。これでもかというくらいシミュレーションを繰り返した。

 

ミルコ「サア寝ルネ。レースデ勝ツ夢見テイイイメージ ツクルネ。」

 

 

ミルコ「ぐーぐーぐー。」

 

実況「先頭はデムーロ

 

デムーロが先頭。

 

これは独走だ。

 

強い強い。

 

どんどん差を広げている。

 

デムーロ騎手今1着でゴール。

 

デムーロ騎手の圧勝。

 

勝ったのはクリスチャン デムーロ騎手のオメガパフュームでした。」

 

デムーロ

「ナンデヤネーン。」

 

 

チャンピオンズカップの狙いたい穴馬はこちらから

チャンピオンズカップ狙いたい穴馬ともうこの馬切るわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンピオンズカップ2018狙いたい穴馬とこの馬達もう切るわ(笑)

コロ助ゴールドドリーム回避ってまじかー。」

 

実況「昨日はこの話題で持ちきりでしたよね。」

 

コロ助「結構本命にする予定の人も多かったんじゃないかな?」

 

実況「ゴールドドリーム本命の人多かったでしょうね。」

 

コロ助「私もゴールドドリームが1番信頼できるかなと思ってたんだよね~。人気軸の▲が消えちゃいました。また考え直しですね。それじゃ今日はチャンピオンズカップの狙いたい穴馬の発表をしていきまーす。」

 

実況「お願いします。危険な人気馬はオメガパフュームを上げていましたね?」

 

コロ助「中京コースはコーナーがきついので外外を回すような差し馬は嫌いたい所です。差し馬ならはインから外に出すような騎乗が必要です。クリスチャンなら外を回して来そうなんだよね。もうあの馬達もバッサリと切ってやろうかな。」

 

実況「あの馬とは?」

 

コロ助サンライズノヴァとノンコノユメ。」

 

実況「えっ切っちゃうんですか?」

 

コロ助「もう外を回す騎乗をしてくる可能性が高いですからね。そこそこ人気しそうですがここは切っちゃいます(笑)。」

 

実況「切るの怖くないですか?」

 

コロ助「自分の思い描いてる展開では外を回した馬は来ないからね。来たら来たで諦めるよ。自分の妄想通りに決まったときにしっかりと回収したいよね。と、ここまでが前振りでこの流れで行くと穴馬は当然前に行く馬になるよね。」

 

実況「となると?」

 

コロ助チャンピオンズカップの押さえておきたい穴馬は

○アンジュデジー

今回はスローの流れを想定しているので、この馬の立ち回りの上手さは武器になりそうです。過去にはサンビスタが勝ったこともありますし、インから上手く立ち回れば馬券内の可能性も十分にあるのでは?前走に続き横山典さんの騎乗にも注目したい。今、確認したらまさかの1枠1番。これは?

 

○ヒラボクラターシュ

サンライズソアが逃げると思うがこの馬が2番手になるか。グリムといい勝負をしていますし、展開さえ向けばオメガパフュームにも先着できるだけの能力はあるのでは?あまり人気になるタイプではないので常に抑えておきたいタイプです。スローからの粘り混みに期待したいですね。

 

実況「ありがとうございます。ちょうど枠順も発表されましたね。注目のルヴァンスレーヴは2枠2番になりました。」

 

コロ助デムーロ騎手ならある程度は前に出そうとしてくるでしょうね。G1勝ちに飢えているでしょうから要注目ですね。」

 

実況「さあ枠順も確定していよいよ予想も佳境を迎えてきました。的中できるように頑張っていきましょうね。

あなたの狙ってる馬はいい枠を引きましたか?」

こちらも要チェックや。

ルヴァンスレーヴ物語~ミルコの眠れない夜~

 

 

チャンピオンズカップ危険な人気馬はこの馬だ!

コロ助「さあ今日はチャンピオンズカップの危険な人気馬を発表しちゃうよ~。」

 

実況「危険な人気馬なんています?どれも来そうですけど。」

 

コロ助「馬券の枠は3つしかないからね。人気馬もどれかは飛ぶわけだし、飛ぶ確率が高い馬が分かれば勝率は上がると思わないかい?」

 

実況「たしかに。それではチャンピオンズカップの危険な人気馬を教えてください。」

 

コロ助チャンピオンズカップの危険な人気馬は

 

 

 

外枠を引いた差し馬です。」

 

実況「は?」

 

コロ助「ルヴァンスレーヴやゴールドドリームが外枠を引いたらルヴァンスレーヴやゴールドドリームも危険な人気馬になるってこと。まあ枠順が出るまではわからないってことだね。なぜ外枠を引いたら危ないか今日は説明していくね。」

 

実況「はあ。じゃあお願いします。」

 

コロ助「中京ダート1800メートルは直線入り口に急坂があり、とにかくイン有利の立ち回り勝負になりやすく外を回した馬はかなり不利なコースなんだよね。過去のレースを見てみると差して勝っているサンビスタサウンドトゥルーもインから外に出して行く騎乗をしていたしゴールドドリームも内から2頭分くらいの所を追走していたよね。外枠を引いて外外を回されるとかなりロスのある競馬になるので届かない結果になる可能性が高いと言えますね。」

 

実況「たしかに実際に内枠の方が成績がいいデータが出てますよね。」

 

コロ助「ただこれだけじゃ納得できないですよね?ちゃんと危険な人気馬言うね(笑)」

 

実況「それなら最初からちゃんと言ってくださいよ。(笑)」

 

コロ助チャンピオンズカップの危険な人気馬は

 

 

 

オメガパフュームです。」

 

実況「オメガパフュームですか?JBCクラシック2着馬ですよ?」

 

コロ助「結構不安点はあるんですよね。

まずは同じ3歳で比較するとルヴァンスレーヴ〉オメガパフュームは近走のパフォーマンスから明らかでしょう。能力ではルヴァンスレーヴに軍配が上がるね。

次に斤量面。シリウスステークスでは53キロ、JBCクラシックでは55キロ。今回は56キロと古馬との斤量差が1キロだけになります。

この1キロの差は結構でかいんじゃないですかね。

次に経験。左回りの経験が少ないのも気になりますよね。唯一の左回りの青龍ステークスでは3着に敗れています。

さらに厩舎レベルも不安ですね。まだ1年目の調教師で今年もまだ9勝しかしておらず、どこまで仕上げきれるか。さらにクリスチャンももうひとつ乗れてないのも気になるところ。お兄さんやルメールさん、モレイラさんほどの信頼度はないでしょうね。」

 

実況「不安点めっちゃ出てくるじゃないですか。」

 

コロ助「まあ強いのは認めますけどね。切りはしないけど軽視する予定です。同じ3歳ならルヴァンスレーヴの方を買いたいね。」

 

実況「どちらにせよ。枠順ですよね。」

 

コロ助「馬券的にはルヴァンスレーヴやゴールドドリームが外枠を引いたら面白いんですけどね。」

 

実況「そんなこと言ってたら、サンライズソアが大外になりますよ。」

 

コロ助「それだけはやめてー。」

こちらもチェック。

川田とキセキの物語

 

チャンピオンズカップ2018注目馬

『川田とキセキの物語』大好評上映中。

 

実況「いやいや。映画と違うでしょ!」

 

コロ助「そうでした。昨日のブログが結構反響があってね。こういうのってブログ書いてて良かったと思う瞬間ですよね。中には笑ってうどんを吹き出した方もいたみたい(笑)」

 

まだ見てない方はこちらをチェック。

川田とキセキの物語

 

実況「それは良かったですね。それじゃ本日はチャンピオンズカップの考察をしていきましょうか?」

 

コロ助「メンバーが豪華だよね。」

 

実況「去年の覇者ゴールドドリーム、そのゴールドドリームを前走破っている3歳王者のルヴァンスレーヴ、JBCクラシック覇者のケイティブレイブ。同2着のオメガパフューム、フェブラリーS覇者のノンコノユメ等が出走してきます。まさにダートナンバーワンを決めるに相応しいメンバーが揃いました。」

 

コロ助「本当に豪華だよね。出馬表だけでご飯3杯はいけるよね。」

 

実況「チャンピオンズカップも3歳のルヴァンスレーヴが1番人気になりそうですがポイントを教えてください。」

 

コロ助「今年のチャンピオンズカップのポイントは先行馬が少ないことでしょうね。有力馬の多くは後ろから差してくる馬が多く。前が手薄。先行しそうなのはサンライズソア、ケイティブレイブインカンテーション。この中で

サンライズソア

に注目しています。

ケイティブレイブは前走溜めて良さが出たのでいまさら逃げには出てこないでしょう。福永騎手も一介の逃げ馬にはしたくないと言ってましたしね。インカンテーションも前に行けるかは半信半疑。恐らくサンライズソアの単騎逃げになるのではないでしょうか。前走はテイエムジンソクに早めに絡まれる厳しい展開だったが3着に粘り混んだ。今回は前走に比べ楽な展開になりそうなので前走よりも粘れるのではないか。能力的にはルヴァンスレーヴやゴールドドリームのほうが上でしょうが1発があるなら逃げか先行する馬でしょう。」

 

実況「鞍上もモレイラ騎手みたいですね?」

 

コロ助「モレイラさんなら鞍上弱化にはならないね。予想オッズでは6番人気になってますけど本当にこんな人気にならおいしいよね。ジャパンカップに続き逃げ馬を本命にできそうでわくわくしています。」

 

実況「メンバーが凄すぎて強い馬だけど人気がないということが起こりそうですよね?」

 

コロ助「そういう馬を狙いたいよね。以外に人気の盲点になるような馬とかも出てきそうですよね。」

 

実況「今から楽しみですよね。」

 

コロ助「今のところ前に行くサンライズソア、ケイティブレイブをルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームにぶつける馬券で当たりそうなんですけどね。安そうなんで絞るかもう少し穴めの馬を探すか1週間かけて考えたいと思います。」

 

実況「それでは本日はここまで。ご清聴ありがとうございました。」

 

こちらもチェック。

川田とキセキの物語

 

 

 

 

スポンサーリンク