スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

先週の激走逃げ馬。節分終わりました。

コロ助「節分終わった~。」

 

実況「お疲れ様でした。」

 

コロ助「今年の節分は難しかったよ。昼から雨予報が出てたし、恵方巻きの大量廃棄が社会問題になっていたからね。結果的には16時くらいでシャリが無くなって、5時過ぎには完売になりました。」

 

実況「全部売れてよかったですね。」

 

コロ助「19時くらいに全部無くなるのが理想ですけどね。また来年の課題です。」

 

実況「それでは先週の激走逃げ馬と逃げ王ランキングの発表ですね。」

 

コロ助「まずは逃げ王ランキングから。」

逃げて勝ったのは

ダート10勝

芝2勝

 

前走逃げ1

前走非逃げ10

新馬1

 

前走距離

同距離7勝

延長3勝

短縮1勝

 

今週逃げて勝った騎手は

三浦2勝、酒井2勝、鮫島克、岡田、吉田隼、中井、勝春、岡田、西村、和田、岩田

の11騎手。

 

現在の逃げ王ランキングです。

第一位 武豊 6勝

第二位 ルメール 5勝

    三浦 5勝

第四位 岩田 4勝

第五位 和田 3勝

    北村友 3勝

    酒井 3勝

 

実況「三浦騎手と酒井騎手が上がってきましたね。」

 

コロ助「これから要注目だね。」

 

先週の激走逃げ馬

 

土曜日京都12レース

ミスズフリオーソ

ダート1800メートル

前々走を逃げて5着になった後の前走は1番人気に推されるも先行できずに10着に大敗。

 

今回は前走逃げられなかった馬が逃げの手に出てパフォーマンスを上げる典型的な例。

前走1番人気に推されているように能力は高い馬でした。その能力の高い馬が逃げの手に出ることでパフォーマンスを上げるのだから好走する確率は高くなりますよね。なかなか逃げたことがない馬がいきなり逃げるパターンはなかなか予測できないが、逃げや2番手で好走している馬が先行できずに負けてしまった次走は注意して見たいですよね。

 

実況「勝った馬を見ていても、前走逃げてない馬がほとんどですもんね。」

 

コロ助「今年の結果は前走逃げている馬は5勝、前走逃げていない馬は34勝ですから、いかに前走逃げていない馬が逃げることが強力かを示しているよね。」

 

実況「節分も終わりましたし、今週はそういう馬を見つけていきましょう。」

 

コロ助「逃げ馬でぶちかましたい~(笑)」

東京新聞杯2019コロ美予想

コロ美「こんにちは。コロ美です。今日はコロ助が節分で忙しいから代わりに予想してくれって頼まれたので私が予想するね。」

 


f:id:yk10310266:20190202100355j:image

 

まずは誰が逃げるかよね?

逃げそうなのはショウナンアンセムかテトラドラクマぽいけど、私はロジクライが逃げる可能性もあるかなって見てるの。

 

どちらかといえば人気馬は差し馬が多いわよね?

こういう時の横山騎手は意表をついてくるイメージがあるのよね。

 

ショウナンアンセムロジクライどちらが逃げるにしても展開はスローになるんじゃないかな。

 

前が有利になると見て予想します。

 

本命はロジクライにしちゃいます。

前走は抑えすぎた所を外から来られ、ハミを噛んでしまい実力を発揮できないまま終わってしまう競馬。

今回は逃げまたは2番手からの競馬の可能性が高いんじゃないかしら。

富士ステークスも2番手から強い競馬だったし、東京のマイルは得意だと思うの。

人気馬は差し馬が多いので早めに出し抜いて押しきってもらいたいわ。

 

対抗馬はインディチャンプが強そうかな。

前走の元町ステークスがかなり強い内容。スローペースの展開を2着馬に3馬身をつける内容は重賞でも通用するんじゃないかな。

今年のトレンドの外厩帰りのノーザンファームの4歳馬というのも良いわよね。

 

3番手はレッドオルガ。

エリモピクシーの仔の東京後者ぶりはスゴいわよね。兄弟も東京マイルは大得意だし、この馬も東京マイルは得意の条件。前走は出遅れて大外を回すロスの多い競馬で参考外。

騎手も私が今年イチオシの北村友一君だし期待してます。

 

ロジクライ

○インディチャンプ

▲レッドオルガ

△タワーオブロンドン

△テトラドラクマ

△ジャンダルム

△レイエンダ

△サトノアレス

△リライアブルエース

△ショウナンアンセム

 

3連複フォーメーション

◎ー○▲ー印

手広く流してヒモ荒れを狙いたいわね。

 

さあて予想も頑張ってしたし、お礼にびっくりドンキーでもご馳走してもらわなきゃ。

 

それじゃみんなも予想頑張って下さいね。

 


f:id:yk10310266:20190202143321j:image

 

 

 

 

典さんのポツンの真実は?

コロ助「ども。コロ助です。今日は典さんのポツンについて考えていきたいと思います。」

 

実況「典さんのポツンですか?もはや伝統芸能ですよね。」

 

コロ助「典さんを買う時は何割かはポツンの可能性があることを覚悟の上で買わないといけないね。」

 

実況「いつポツンするかわからないですよね。」

 

コロ助「でも典さんのポツンには理由があるんですよね。」

 

実況「理由ですか?」

 

コロ助「インタビューが乗っている記事があったので引用させてもらいます。まずはこちらをご覧ください。」

――馬群から離れて後方待機。この状態をファンから何て言われているか知ってますか?
横山典 ポツン騎乗だろ? 知ってるよ。あれだってリスクを考えたらやらない方がいいんだろうけど、勝つために「これしかない!」って思ってやっている。ただ結果を出さないと話にならない。だから周りにアレコレ言われても仕方ないとは思っているよ。

引用元http://sp.netkeiba.com

「見ている人は、これ以上追ったら(馬が)ひっくり返るなんて分からないからね。やったから馬が壊れたり、やらなかったからよかったこともある。『なんでやらないんだよ』って俺のことを批判する人もいるけど、その後の馬をみてほしい。大抵、順調にはいっていない」

引用元https://biz--journal-jp

 

コロ助「典さん本人は勝つためや馬を守るためにポツンをやっているんだよね。」

 

実況「こう言われるとポツンされても文句は言えないですよね。」

 

コロ助「典さんは馬の調子が悪いと感じると無理をしないよね。最後の直線で全く追わないこともよくあります。確かに馬券を買っている立場からしたら最後まで追って欲しいところだけれど、それで馬が壊れる可能性があると典さんが感じたならそれは仕方ないですよね。」

 

実況「無気力騎乗と酷評されることもありますよね?」

 

コロ助「これは福永騎手がこう言っておられます。」

 

まず最初に言いたいのは、マクリにしても後方待機にしても、みんなひとつでも上の着順を目指し、試行錯誤の末に選択した騎乗だということ。それを、まるでやる気がないかのように言われるのは、同じジョッキーとして心外だ。

 昔から競馬界にある「ヤラズ」という言葉についても、自分にとってはもはや死語であり、今の時代、「ヤラズ」なんてないと断言できる。命の危険をおかして騎乗しているのに、適当に乗るなんて考えられないし、「今日はヤラなくていいよ」なんていう関係者からの指示も聞いたことがない。

 その騎手を選んで乗せているオーナーや調教師は、馬券を買っているファン以上に騎乗の一部始終を注視している。そんななか、やる気のない騎乗を繰り返そうものなら、あっという間に騎乗依頼が減り、淘汰されていく。それはどの世界でも同じだろう。でも、ノリさんの現状はそうではない。長きにわたり、トップジョッキーとしてその存在感が失われていないのは、関係者に技術が認められているからにほかならない。

 

引用元http://sp.netkeiba.com

 

実況「もう皆さん典さんを認めているから、その典さんが判断した乗り方なんだから仕方がないという感じですよね。」

 

コロ助「実際に乗っている本人にしかわからない感覚だからね。しかも天才だから。普通の人が理解しようとしても無駄じゃないかな。でも根底にあるのは勝つためと馬を守るということだよね。

もうこうなったら天才典さんのファンタスティックな騎乗を楽しもうよ。ポツンされたら諦めよう(笑)」

 

実況「ポツンも典さんの魅力の1つですしね。」

 

コロ助「ポツンはやる気がないわけじゃないというのが分かってもらったと思いますので、典さんのファンタスティックな騎乗を楽しんでいきましょう。」

 

 

人生色々、騎手だって色々。

コロ助「ども。競馬は楽しむのが1番大事協会会長のコロ助です。今日もコロ美は来ませんのであしからず。」

 

···········

 

コロ助「えっ!ちょっと。

帰らないで。

せっかく来たんだからもうちょい読んでってよね。今日はゲストを読んでるんだから。」

 

ピンポーン。

 

コロ助「あっ。来たみたい。」

 


f:id:yk10310266:20190131161735j:image

 

なまはげ「泣く子はいねーか?騎手にヤジを飛ばすやつはいねーか?」

 

コロ助なまはげさん、いらっしゃい。」

 

なまはげコロ助、久しぶり。ところで騎手に文句を言うやつはいねーか?」

 

コロ助「結構いますよね。でも仕方ないんじゃないですか?

だって人間だもの。」

 

なまはげ「!!!!」

 

コロ助「育ってきた環境が違うから~あ

好き嫌いは仕方がな~い

差しが好きだったり

逃げが好きだったりするのーね。

ましてやお金を賭けてるかーら、イライラは仕方がなーい。

落ち込んでみたり、ヤジをはいたりなっちゃうね~。」

 

なまはげ「なぜセロリ?」

 

コロ助「お金を賭けたら熱くなっちゃうのは、その人の性格だから仕方がない部分が多いよね。なかなか性格は変わらないからね。馬券をはずしてすぐに忘れる人もいれば、落ち込む人もいれば、怒る人もいる。まあ文句を言いたくなる気持ちも分かるけどね。」

 

なまはげ「でもヤジはあまりよくない。」

 

コロ助「たしかに聞いていて気持ちがいいものじゃないよね。騎手もヘタに乗ろうとしてるわけじゃないんだけどね。

あっ。ちょっと面白いことを思い付いたので聞いていてくれるかい?」

 

なまはげ「いいよ。」

 

コロ助「上手い騎手ほどミスが少ないよね?でもその分人気になる。逆に下手な騎手はやっぱりミスも多くなる。」

 

なまはげ「ふむふむ。」

 

コロ助「例えばルメール騎手なんかだと、」

 

ルメール騎手

上手く乗る確率的高い

でもオッズ低い

 

コロ助「人気馬と同じだよね。さらに詳しく考えると」

 

ルメール騎手

神騎乗10%

好騎乗30%

無難な騎乗50

ミス10%

 

なまはげ「面白い考え方、おでもっと他の騎手も見たい。」

 

コロ助「それじゃ、若手の騎手なんかだと」

 

若手の騎手

好騎乗10%

無難な騎乗30%

ミス60%

 

なまはげ「もっとくれ。もっとくれ。」

 

横山典さん

 

神騎乗10%

好騎乗20%

無難な騎乗40%

ミス15%

ポツン15%

 

なまはげ「ポツン。」

 

コロ助「典さんを買うならポツンも覚悟の上で買う必要があるよね(笑)ポツンされたら15%を引いちゃったと諦めましょう(笑)」

 

なまはげ「ポツンあっての典さんだしね。」

 

コロ助「それじゃこれは?」

 

福永騎手

神騎乗5%

好騎乗20%

無難な騎乗50%

ミス20%

西日5%

 

なまはげ「西日はケイティだけだべ(笑)」

 

コロ助「ふふ。何が言いたいかというと、

競馬は不確定要素の固まりだということです。

出遅れ、不利、ミス、馬の調子がいまいちなどは当たり前。それが絡み合うから人気の馬が負けたりして高配当が出るんだよね。それがなかったらギャンブルとしては成り立たないよね。」

 

なまはげ「確かに高配当も競馬の楽しみの1つ。」

 

コロ助「誰もが他馬に上手く乗せないようにしてくるのでミスなどが出るのは仕方ないけどね。騎手もお金を賭けて貰ってるので、文句を言われるのは覚悟してるだろうけれど、ミスしたらその分を好騎乗で取り返すつもりで頑張って欲しいよね。ミスすれば叩かれるけど、好騎乗は素直に称えられるはずだしね。」

 

なまはげ「もうそろそろいいですか?」

 

コロ助「もういいよ。」

 

実況「ぶはー。暑かった~。」

 

コロ助「ご苦労様。」

 

実況「なんで私がなまはげしないと、いけなかったんですか?」

 

コロ助「なんとなく(笑)」

 

実況「バイト代下さいね。」

 

コロ助「今週の競馬が当たったらね。」

 

 

実況「最悪だこの人。」

 

コロ助「まあ勝っても負けても、好きに楽しんでいきましょうよ。」

 

東京新聞杯2019逃げ馬考察

コロ助川崎記念見ごたえあったよね。」

 

実況「いいレースでしたよね。サルサディオーネが逃げて途中からオールブラッシュが動きやはり消耗戦に。ミツバが狭いところをこじ開けて抜け出しての勝利。」

 

コロ助ケイティブレイブはもう1つ伸びなかったね。ミツバを蓋しようとしたけど、こじ開けられたしね。」

 

実況「敗因はやはり西日ですかね?」

 

コロ助「西日はどうだろうね?ロスの多い競馬をしたオールブラッシュと僅差だったし、あまり調子が良くなかったのかもしれないね。

改めまして、

ミツバ☘️&和田騎手おめでとうございます。」

 

実況「昔、和田さんがミツバに乗ってた時にブリンカーを勧めたみたいですね。」

 

コロ助ブリンカーを着けてから活躍したから悔しかったってコメントしてたね。久しぶりのコンビで勝てたし嬉しいだろうね。」

 

実況「それはそうとコロ美ちゃんの予想当たりじゃないですか?」

 

コロ助「うっ。」

 

実況「コロ助さんならサルサディオーネ辺りを本命にして外してましたよね?」

 

コロ助「逃げ馬愛が強すぎる故の弊害か?(笑)」

 

実況「まあコロ美ちゃんが言ってたように逃げ馬は狙える時に狙っていきましょう。今日は東京新聞杯の逃げ馬の考察ですよね?」

 

コロ助「週末は節分で忙しいので今の内からやっていきますね。」

 

東京新聞杯逃げ馬考察

 

逃げ馬候補①

テトラドラクマ

コース適正○

前走逃げてない◎

1400から1600○

ノーザンファーム天栄◎

 

評価

前走逃げていないので、今回逃げられればショックがかかるタイミング。1400から1600への延長はプラスでしょう。スローで逃げてもよさがでないので、クイーンカップのように淡々とした流れに持っていけるかどうかと古馬の牡馬との力関係だけ。ノーザンファーム天栄仕上げなので仕上げに関しては問題ないでしょうね。結構面白い存在かも。

 

逃げ馬候補②

ショウナンアンセム

前走逃げてない◎

騎手ミナリク○

 

評価前走逃げていないので、こちらも逃げればショックがかかるタイミング。近走は結果も出ておらず実力的には足りないが、スローの逃げなら残り目の可能性も多少はあるかも。確率は低いと思うが人気もないので△程度で抑えておいてもいいか。

 

逃げ馬候補③

ロジクライ

前走逃げてない◎

東京マイル◎

ノーザンファームしがらき◎

横山典

 

評価

前走は抑えすぎてしまいこの馬のスピードを生かせず力を発揮できなかった。富士ステークスを勝っているように東京マイルは得意な舞台。どちらかと言えばスピードを生かす競馬の方があっているので、富士ステークスのようなレースが理想だろう。正直鞍上の横山典騎手がどう乗るか読めないが、スタート次第では逃げの可能性もあるでしょう。スピードを生かした競馬をしてほしいが、ポツンだけは勘弁して。ノーザンファームしがらき経由なので仕上げに関しては問題ないでしょう。典さんが怖いが重い印を考えています。

 

 

コロ助「現時点ではテトラドラクマロジクライは結構買いたい印象だね。どちらも強気の競馬をすれば有力だと思いますが、どう乗るかは未知数ですからね。」

 

実況「あとはインディチャンプやタワーオブロンドン、レイエンダとの兼ね合いですね。それにしてもコロ助さんが外厩にも触れてきましたね?」

 

コロ助「天栄としがらきくらいは抑えておくことにするよ。現代競馬ではその2つを無視してては当たらないってことをようやく悟りましたわ。」

 

実況「ちょっとずつでも進化しましょうね。コロ美ちゃんにバカにされないように(笑)」

 

コロ助「コロ美め~今に見てろよ。的中の雨を降らせてやるわい。」

 

こちらの記事もよろしくです。

競馬歴は長くても関係ない

 

 

競馬歴は長くても関係ない!

コロ助「どもコロ助です。今日は競馬歴は関係ないという話をしていきましょうか?」

 

実況「いいですね。最近は大学生でも競馬が上手い方はたくさんいますもんね。」

 

コロ助「そうなんだよね。今日は競馬歴が長いことがメリットなのかデメリットなのか考えてみましょうか?」

 

???「それなら私の出番じゃない?」


f:id:yk10310266:20190130135036j:image

 

コロ助「また来たのか?コロ美。」

 

コロ美「私の方が競馬歴短いけどコロ助より上手いじゃない。競馬歴は関係ないのよ。」

 

実況「なんでコロ美さんみたいな若い方は競馬が上手なんでしょうか?」

 

コロ美「やっぱり今は情報が簡単に手に入るからじゃない?」

 

コロ助「そうなんだよね。昔はインターネットで情報を得ることができなかったから、みんな独学で競馬と格闘してたんだけど、今はすぐに無料で有益な情報を得ることができるよね。」

 

コロ美「しかも年を取るとなかなか自分のやり方を変えられないのよね。」

 

実況「それは確かにありますよね。長年やってきた自分のやり方はなかなか変えられませんよね。」

 

コロ美「結果が出てないんなら変えなくちゃ。」

 

コロ助「それがなかなか変えれないんだよね。確かに競馬歴が長いからといって、上手いはとは限らないよね。もちろん勝ってる期間が長いという人は素晴らしいけどね。」

 

コロ美「コロ助も去年は負けたもんね(笑)」

 

コロ助「今年は勝つもんね。」

 

コロ美「ふふ。楽しみにしてるわね。それじゃ帰るね。」

 


f:id:yk10310266:20190130141247j:image

 

実況「帰っちゃいましたね。」

 

コロ助「勝ってるからって調子に乗りやがって。

きーーー。」

 

実況「まあまあコロ助さん。悔しいのは分かりますけど競馬で勝ちましょうよ。」

 

コロ助「そうだよね。」

 

実況「でも競馬歴が長いのってメリットとかないんですかね?」

 

コロ助「メリットはあるよ。まずは今の種牡馬になっている馬の現役時代を知っていることだね。父親や母親の現役時代を知っていれば、競馬の血のロマンを思う存分に楽しめるよね。自分が好きだった馬の子供が活躍するのは格別だよね。」

 

実況「そうですよね。ずっとロマンか続いていくのが競馬の魅力の1つですよね。」

 

コロ助「その他にはたくさん痛い思いをしてることだね。例えばガチガチの馬券に大金を突っ込むパターン。私たちは長年の経験からガチガチの馬もたまに飛ぶことを身を持って知っている。」

 

実況「知っていても繰り返しちゃう人もいますけどね。」

 

コロ助「そうなんだよね。やっちゃった後に後悔するんだけどね~(笑)」

 

実況「頑張って進歩していきたいですよね。」

 

コロ助「そうだね。

競馬歴が長い皆さん。若い子に負けないように我々も進化していきましょう。」

 

実況「コロ美さんに負けないように頑張りましょうね。」

 

コロ助「コロ美見てやがれ~」

川崎記念2019逃げ馬注意報

コロ助「さあ川崎記念の予想をしていこうか?逃げ馬が多いけどどの馬が逃げるかな~?」

 

実況「サルサディオーネにコパノチャーリー、ケイティブレイブにオールブラッシュもいますね。どんなレースになるか楽しみですね。」

 

コロ助「おそらく逃げるのはコパノチャーリーでしょうね。逃げないとダメな馬だし、オールブラッシュと同じ厩舎。オールブラッシュは前走も控えて結果を出しているし逃げないと見ています。次に展開·······」

 

????『ちょっと待って!』

 

実況「あなたは?」

 

コロ助「お前はコロ美。何しに来た?」

 

コロ美「みんなコロ助の当たらない予想にうんざりしてるんだよね~。今回は特別に私が予想しちゃうね。」

 

コロ助「誰も頼んでなーい。」

 

実況「まあ、いいじゃないてすか。ところで誰なんですか?紹介してくださいよ。」

 

コロ助「従姉妹のコロ美。競馬を教えたのはコロ助なんだけど、コロ助より上手くなっちゃって最近はバカにしてくるんだよね。」

 

コロ美「はじめましてコロ美です。21歳ピチピチの大学生で~す。競馬歴は1年ちょっとだけどコロ助よりは上手でーす(笑)」

 

コロ助「ぐぐぐ。」

 

実況「コロ美さんよろしくお願いします。

それじゃあコロ美さんの予想を聞かせてください。」

 

コロ助「裏切り者め~」

 

コロ美「まずメンバーを見てみて。先行馬は4頭だけじゃないわよね?ミツバだってアポロだって地方だったら先行してくるわ。つまりJRA馬は全部先行してくるわけ。」

 

実況「なるほど。」

 

コロ美「逃げるのはコパノチャーリーかサルサディオーネだけどコパノチャーリーの方が逃げるかな。序盤はスローで流れるかもしれないけど、ケイティブレイブやミツバやオールブラッシュなんかは途中から仕掛けるでしょうね。展開的には途中から消耗戦になるんじゃないかしら。コパノチャーリーとサルサディオーネは早めに捕まるでしょうね。

2頭とも消します。」

 

コロ助「あ~逃げ馬が消された~。」

 

コロ美「アポロケンタッキーも最近は精神的なものなのか、らしくない走りばかりですしバッサリと切ります。ケイティブレイブが早めに先頭になったところをミツバとオールブラッシュが追ってくる展開になるんじゃないかなぁ。」

 

ケイティブレイブ

○ミツバ

▲オールブラッシュ

 

コロ美「この3頭て決まるんじゃないかな?ケイティブレイブはこの中じゃ格上だし、地方の中距離では凡走は考えにくいわね。

西日さえなければ。」

 

実況「出た。西日(笑)」

 

コロ美「ミツバも消耗戦は得意だし、オールブラッシュも前走みたいに途中から動く競馬の方が今はいいみたい。ほぼその3頭で決まると思うけど安いわね。3連複一点か三連単二点かケイティがどちらかに負ける馬券を狙うかよね。」

 

実況「おー。コロ助さんよりしっかり予想していますね。」

 

コロ美「当たり前よ。何でもかんでも逃げ馬狙ってもダメ。来そうな時は狙ってもいいけど、微妙な時は△とかにしたらいいじゃない?」

 

コロ助「ぐぐ、正論過ぎて言い返せない。」

 

コロ美「不甲斐ない予想ばかりしてちゃ、このブログはコロ美が貰っちゃうからね。」

 

コロ助「むむ。そうはさせないで~。見てやがれ。今に目にもの見せてくれるわ。」

 

コロ美「楽しみにしてるね。それじゃあ今日は私が締めようかしら。

みんな~競馬を楽しむのはいいけど、あんまり賭けすぎちゃだめだよ。

適度な金額で競馬を楽しみましょうね。」

 

こちらの記事もよろしくお願いします。

時代の変化に対応しよう。

 

スポンサーリンク