スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

福島牝馬ステークス2019逃げ馬は好走できるのか?

コロ助「ども逃げ馬注意報コロ助です。今日は福島牝馬ステークスの逃げ馬が狙えるか見ていきます。」

 

実況さん「逃げ馬はランドネとカワキタエンカの2頭ですね。」

 

コロ助「まずはランドネから。

好走しているときはスローで逃げられた時がほとんどの本馬。前走は厳しい流れを2番手で失速してしまったが、今回逃げられれば逃げショックがかかるので巻き返してもいいが、同型のカワキタエンカの存在が厄介。今回もカワキタエンカが逃げるようだと、ランドネも力を出せない可能性が高く手を出しにくい。」

 

実況さん「次はカワキタエンカをお願いします。」

 

コロ助「去年の2着馬ですが、今年に入ってからのパフォーマンスの低下が顕著に見てとれますのでよっぽどスローで恵まれてどれだけ粘れるかでしょうね。騎手も変更になっていますし、陣営としてもそんなに色気を持ってない気がしますね。逃げショックもかからないので手が出しにくいですね。」

 

実況さん「結局どちらも手は出しにくいという結論になりましたね。」

 

コロ助「このレースはケンですな。

逃げ馬が来るかもしれませんが、狙える根拠が見つからない以上買わない方が正解と判断しました。」

 

実況さん「ブロガーなのに重賞買わないって(笑)」

 

コロ助「普通のブロガーさんなら予想するでしょうけど逃げ馬に限定すると買えないって結論になりました。他の平場で面白そうな逃げ馬を探したいね。」

 

実況さん「というわけでコロ助さんの見解では福島牝馬ステークスは逃げ馬を狙いにくいという結論になりました。

 

買われる方は参考にしてみてください。」

 

コロ助「無理に買わないのも1つの戦略ですよ。買わなければそのレースは回収率100%ですしね。ランドネが人気して飛ぶようなら旨味も出てくると思うのでそれを狙うのもありだと思いますよ。」

 

こちらの記事もよろしくです。

馬券のヒント。危険な1番人気を探そう。

 

馬券のヒント。危険な1番人気を探そう。

お客様~!

お客様の中についつい堅そうな馬を探してしまうお方はおられませんか?

 

お客様の中に堅そうな1番人気がいるレースを探して当てにいってしまう方はおられませんか?

 

コロ助「はい。ギクッとなった人は手を上げて~。」

 

実況さん「おー。結構いますね。」

 

コロ助「初心者の内はどうしても的中率を上げようと堅そうなレースを探してしまうんだよね。私も昔は的中率を上げれば競馬は勝てると思って的中率を100%に近づけようと躍起になっていたよ。」

 

実況さん「もちろん本命党の人はそれでもいいですよね?」

 

コロ助「もちろん。その代わり本命党は一回の当たりでのリターンが少ないので連敗はできないし、相当レース選びに神経を使うよね。」

 

実況さん「たしかに本命党は連敗すると取り返すのが大変ですよね。」

 

コロ助「私の昔のダメなパターンが」

①当たりそうなレースを探す。

②堅いので金額を上げる。

ひでぶ~。

 

実況さん「やはり最終的にはひでぶですか?」

 

コロ助「堅いところを狙ってるからそれなりには当たるよ。でも連敗は避けられないからね。それなりには当たってるのにお金が減っているという現象がおきます。」

 

実況さん「やはり勝つためにはある程度高い配当を取る必要がありそうですね?」

 

コロ助「もちろん本命党でも勝つことはできると思うけど、よっぽど買うレースを絞らないといけないから大変だよね。」

 

実況さん「じゃあ高配当を狙うにはどうすればいいんでしょう?」

 

コロ助「それは1番人気が怪しいレースを探すことだよね。」

 

実況さん「1番人気が怪しいレースですか?どうやってそれを見分けるんですか?」

 

怪しい1番人気を嫌う条件

  • 血統からの過剰人気
  • 騎手での過剰人気
  • 下手な騎手が乗った1番人気
  • 適性外の条件
  • 脚質

 

コロ助「こんなところかな。兄弟が活躍しているとその下の馬も過剰な期待をされて人気になります。新馬戦なんかは血統と調教くらいしか判断材料がないから調教で危険な人気馬を見分けられたら高配当が狙えるかもしれないね。」

 

実況さん「騎手人気で人気するパターンもありますね。」

 

コロ助「女性騎手の斤量が減った時のナナコちゃんもかなり過剰人気になっていたよね。モレイラ騎手やムーア騎手が乗る馬も必要以上に人気になるよね。普通なら3~5人気の馬が1番人気になることもざらだよね。」

 

実況さん「それでも腕で持ってくるから困るんですけどね。」

 

コロ助「下手な騎手の1番人気も信頼するのは怖いよね。強い馬でもちゃんと勝たせるのはやっぱり難しいんだよね。あとは道悪であったり、外回り内回り、距離といった適性の部分。脚質なんかも参考にできるよね。前が有利になりそうなレースでは追い込みの1番人気は危険な臭いがするし、1番人気の最内なんかも詰まったりする可能性か出てくるよね。特に差し馬の内枠は嫌いたいかな。」

 

実況さん「京都芝の外回りコースみたいに内が開けないコースだと詰まるリスクは付きまといますよね。」

 

コロ助「外を回すのもかなりのロスになるしね。」

 

実況さん「1番人気が飛べば馬券的には高配当になる可能性が高くなるのでしっかりと怪しい1番人気なのか判断したいですよね。」

 

コロ助「みんなも危険な人気馬を見つけてヒャッハーしようぜ。」

 

こちらの記事もよろしくです。

競馬ができることに感謝。

 

 

競馬ができることに感謝。

コロ助「競馬をやってると突然の別れは絶対にやってきます。」

 

実況さん「こればっかりは仕方がないですよね。」

 

コロ助「本日も名馬がこの世を去りました。」

 

実況さん「シャケトラは安楽死ですか?なんとかならなかったんですかね?」

 

コロ助「競走馬はあの細い脚で何百キロという馬体を支えます。馬は立って寝るけど、横になると心臓や内臓にものすごい負担がかかるみたいなんだ。1つの脚が使えないと、他の脚に負担がかかり他の脚が故障したり時には痛みでショック死することもあるようです。だから治る見込みがないと安楽死させるみたいだよ。」

 

実況さん「無理して生かして苦しい思いをさせるよりはということですね。」

 

コロ助「悲しいけどね。今日はシャケトラやヒシアマゾンの悲報に多くの人が悲しみのコメントを出していて、競馬ファンはちゃんと競走馬へのリスペクトがあって素晴らしいなとつくづく感じたよ。」

 

実況さん「競馬ファンはいい人ばかりですね。」

 

コロ助「でも今日は名前が知られている馬だからニュースになったけど、人知れずに亡くなっていく競走馬がたくさんいることを私たちは忘れてはいけないよね。」

 

実況さん「確かにその通りです。」

 

コロ助「毎年競走馬は8000頭くらい産まれてきますが、活躍できるのはほんの一握りです。引退して種牡馬繁殖牝馬、乗馬の馬などになれる競走馬はほんの僅か。引退した馬の99%は殺処分になると言われています。

最近は引退した競走馬を救おうと活動している方もいて少しは減っていると思うけどね。」

 

実況さん「角居調教師がそういう活動してましたよね?」

 

コロ助「だから逮捕された時はショックだったよね。こんな立派なことをする人がまさかって。」

 

実況さん「ホースセラピーとかもこれからメジャーになっていくかもしれませんね。」

 

コロ助「もっとJRAや国がそういうのにお金を出してくれたらいいんだけどね。」

 

実況さん「本当ですよね。」

 

コロ助「私達人間は生きていくために、多くの命を犠牲にしているよね。食用にされる牛や豚や鳥、魚だってそう。野菜などの植物も立派な生き物ですよね。これらの命をもらって生かしてもらっているということに感謝していきたいですよね。

今日も平和に生きていることに感謝し競馬ができることに感謝して騎手や競走馬をリスペクトして競馬に関わっていきたいですよね。」

 

実況さん「今日は重い話になってしまいました。」

 

コロ助「どうしても華やかな競馬の影にはこういう暗い一面があるからね。これは避けては通れないから今日は書いてみました。気分を害された方がおられましたら申し訳ありません。」

 

実況さん「別れもあれば出会いもありますよね?」

 

コロ助「そうだね。競走馬としてデビューできるだけでも凄いし、一回勝つだけでも凄いということを分かった上で競馬を見るとまた違った見え方がするかもしれないね。」

 

実況さん「そうですよ。一回勝つだけでも凄いことです。だからこそ強い馬に皆心を奪われるんでしょうね。」

 

コロ助「また新しい出会いを楽しみにしつつ、競馬ができることを感謝していきましょう。」

 

 

 

マリーンカップ2019予想 アイアンテーラーは好走できるのか?

コロ助「ども、逃げ馬注意報コロ助です。今日は水曜日に行われる牝馬交流重賞マリーンカップで逃げ馬アイアンテーラーが好走できるのかどうか考えてみたいと思います。」

 

実況さん「ちょっと趣向を変えてきましたね。」

 

コロ助コロ助の本命は言わなくてもみんなわかってるからね。重賞の予想の書き方がいまいち固まってないんだよね。」

 

実況さん「平場ならレースを選べますけど、重賞はそうはいかないですもんね。それではお願いします。」

 

コロ助「いきなり結論から言うと今回のアイアンテーラーは買いです。

前前走のクイーン賞(35.5-40.3)ではハイペースで逃げてそのまま押しきっての重賞初制覇。

前走のTCK女王杯はクレイジーアクセルに逃げられてしまい2番手からの競馬になってしまい砂を被った途端に戦意喪失。

逃げ馬の大敗自体は気にする必要はありませんし、今回は他に逃げそうなチークスという馬がいますが、アイアンテーラーの方が外枠を引きましたので無理にでも逃げるでしょう。

逃げてしまえば、前走逃げられずに苦を味わったアイアンテーラーが気分よく逃げられますので、苦しみから一気に解放されてパフォーマンスを上げる逃げショックがかかります。

逃げショックがかかった状態で逃げてしまえば簡単には止まらないとみています。

メンバーもそれほど強力ではないので負けるとすればJRAで牡馬相手にも健闘しているオウケンビリーヴくらいじゃないかな。」

 

マリーンカップ2019

◎アイアンテーラー

○オウケンビリーヴ

 

実況さん「オッズはつかなそうですね?」

 

コロ助「恐らくね。直前オッズを見てあまりつかないようだとケンすると思います。」

 

実況さん「地方重賞の辛いところですね?」

 

コロ助「ここで安い金額にぶっ混んでもハイリスクローリターンになっちゃうし。我慢も大事だよね。

アイアンテーラー単勝に1500万ぶちこんだつもりで応援するよ。」

 

実況さん「ケンも立派な戦略ですしね。確実に回収率100%ですし。」

 

コロ助「リスクとリターンを考えながら勝負していきたいよね。」

 

実況さん「それでは皆さん。アイアンテーラーは今回狙える逃げ馬のようですので買われる方は参考にしてみてくださいね。」

 

こちらの記事もよろしくです。

次回狙える逃げ馬。逃げ王ランキング

 

 

 

 

次回狙いたい逃げ馬。先週の逃げ王ランキング

どもコロ助です。

今日は逃げ王ランキングと次回狙いたい逃げ馬を発表していきたいと思います。

 

まずは逃げ王ランキングです。

 

逃げ王ランキング

13勝

武豊

10勝

三浦

9勝

ルメール

7勝

川田

6勝

幸 丸山 横山武 浜中

5勝

西村 岩田 松山 川又

4勝

松若 藤岡佑 丹内 石橋 藤岡康

3勝

北村友 デムーロ 鮫島克 大野

菱田 斉藤 中井 横山典 

 

武豊騎手、三浦騎手がそれぞれ2勝をあげました。注目なのは川又騎手。日曜日だけで3勝と一気にランクをあげてきましたね。

 

ユタカさんもまた勝ち星を伸ばしましたし、このまま逃げ王に輝くのか注目ですね。

 

 

 

次回狙いたい逃げ馬


土曜日阪神11アーリントンカップ

ミッキースピリット
このレースで本命にしていたが逃げられず。予想の部分でも書いたが、スプリングステークスの勝ち馬エメラルファイトとタイム差なしの競馬をしているように実力はある。

次回逃げれば巻き返してくると思うので、逃げられそうなメンバーの時に狙いたい。

 

日曜日中山11皐月賞

ダディーズマインド
スタートはいまいちでしたが、そこからの足が速く2番手につける。ミドルペースを追走しながらも抜群の手応えで直線に入る。そこからはさすがに厳しかったが17番人気の9着と健闘。あの展開で粘っているのでこの馬は結構強いでしょう。次回逃げれば逃げショックがかかるので次回要注目です。

 

日曜日福島12

ウインガナドル
楽逃げできそうだったので狙ったがまさかの出遅れ。逃げられないとダメなタイプなので大敗は気にしなくてもいい。次回同型がおらずに逃げられそうなら強く狙いたい。

 

こちらの記事もよろしくです。

馬券のヒント。ローリスクハイリターン。アーリントンカップの回顧を添えて。

馬券のヒント。ローリスクハイリターン。アンタレスステークス回顧を添えて。

ここは馬券のヒントを提供する競馬レストラン。

 

今日も馬券のヒントを求めて迷い人がやってきたようだ。

 

カラーン。

 

実況さん「いらっしゃいませ。」

 

コロ美「すいません。予約してたコロ美といいますが。」

 

実況さん「はい。承っております。

こちらのお席にどうぞ。」

 

コロ美「ありがとう。」

 

実況さん「こちらがメニューになります。」

 


f:id:yk10310266:20190415221144j:image

コロ美「えーと。じゃあこの『ローリスクハイリターン。』で。」

 

実況さん「かしこまりました。

オーダー入ります。ローリスクハイリターン。」

 

5分後・・・

 

コロ助「お待たせいたしました。

こちらが『ローリスクハイリターン』 (アンタレスステークス回顧を添えて)になります。」

 

コロ美「ありがとうございます。」

 

コロ助「まずはアンタレスステークスの回顧を見てもらえるとより美味しく召し上がっていただけると思います。」

 

実況さん「それではアンタレスステークスの回顧から参りましょう。」

 


f:id:yk10310266:20190415221648j:image

 

実況さん「まずは内からテーオーエナジー、中からコパノチャーリーやオルナがハナを狙っていきます。」


f:id:yk10310266:20190415221831j:image

コロ助「しかし外からドライヴナイトが果敢にハナを奪いに行きます。」

 


f:id:yk10310266:20190415222220j:image

 

実況さん「ウェルタールンドとナムラアラシは定位置の後方からの競馬。」

 


f:id:yk10310266:20190415222307j:image

コロ助「ドライヴナイトが後続を引き離す逃げを打ってきましたね。コロ助の◎オルナは逃げられなかったので早々にハズレを覚悟。」


f:id:yk10310266:20190415222444j:image

 

実況さん「1000メートル通過が59.9。」

 

コロ助「ドライヴナイトだけが飛ばしていたので2番手以降はそんなに流れてはいないのかな。」

 

実況さん「このあたりでウェルタールンドが捲っていきます。」

 


f:id:yk10310266:20190415222650j:image

コロ助「最後の直線に入る頃には先頭はテーオーエナジーになっており、グリム、ロンドンタウンがそれに続きます。」

 


f:id:yk10310266:20190415222809j:image

 

実況さん「テーオーエナジーは早々に脱落し粘り込みを図るグリムに今度は外からアナザートゥルースが襲いかかります。」

 


f:id:yk10310266:20190415222942j:image

コロ助「最後は粘るグリムをアナザートゥルースが差しきってゴールイン。」

 

実況さん「ウェルタールンドは伸びませんでしたね?」

 

コロ助「あんまり途中で動かしていいタイプじゃないよね。1回先行してみたときも最後の伸びを欠きましたしね。後方で溜めてどれだけ抜けるかという馬だろうね。」

 

実況さん「結果的には怪我もしてたみたいですしね。」

 

コロ助「結構ドライヴナイトが飛ばしたので速い時計での決着かなと思ったけど1.50.8なら時計としては平凡。そこまでレベルの高いレースだったとは言えないかな。」

 

コロ美「ねぇ?アンタレスステークスはよくわかったけど。ローリスクハイリターンってのは?」

 

コロ助「今回のアンタレスステークスはまさにローリスクハイリターンで一発狙いました。

本命にしたのは11番人気のオルナ。逃げて逃げショックを発動して展開に恵まれればって感じの本命だったから確率は低いのは覚悟してた。その分リターンはでかいけどね。

でも大きいリターンに目がくらんで掛け金を多くしてしまうと、それはハイリスクハイリスクだよね?確率は低いんだから。

今回コロ助が買った馬券はこちら。」


f:id:yk10310266:20190415231146j:image

 

コロ助「計500円勝負。

掛け金はショボいけどワイドのオッズが90倍と60倍。馬連が500倍と300倍。3連複が10万馬券でした。」

 

コロ美「リターンがでけぇ(笑)」

 

コロ助「投資もギリギリまで減らしました。これならかなりのローリスクでハイリターンが狙えますよね。たくさんの金額を賭けることでリターンは増えますが、その分負ける金額も多くなるというのを忘れないでおきたいね。」

 

コロ美「これでもワイドくらいならたまにひっかかりそうだしね。」

 

コロ助「穴を狙う精度さえ高めればね。あとは自信度に応じて金額の上げ下げを決めればいいと思うよ。ますはハズレてもそれほど負けないことが大事だしね。

皆さんもそれほど自信がない本命なら金額をできるだけ抑えてローリスクハイリターンの勝負をしませんか?」

 

 

 

皐月賞2019直線の接触についての見解

どもコロ助です。

皐月賞の最後の直線でサートゥルナーリアとヴェロックスが接触したことでいろいろ言われてるみたいなのでパトロールビデオをガン見してみたんですが、やっぱり先に川田騎手のヴェロックスがサートゥルナーリアの方に斜行してますね。

 


f:id:yk10310266:20190414213822j:image

 

川田騎手の右ムチに反応しサートゥルナーリアの方へ流れるヴェロックス。

 

対するルメール騎手も左ムチを打ち外に弾かれないようにブロック。

外に弾かれないように内に重心をかけて左ムチを連打することで次はサートゥルナーリアが内に斜行していきます。

 


f:id:yk10310266:20190414220035j:image

 

ここで接触するわけですが、確かに接触がなければヴェロックスが勝った可能性もあったかもしれません。

 

ただ先に寄せていったのは川田騎手ですし、それがなかったらサートゥルナーリアも斜行していないかもしれません。

 

こればっかりはわざとではないと思うのでアンカツ先生が言った通りなんでしょう。

 


f:id:yk10310266:20190414220330j:image

 

接触したという事実だけとって判断するのではなく、JRAのホームページからいくらでもパトロールビデオは見れますので自分の目で確かめてから判断するのが大切だと思います。

 

いつもの横からの映像だけではなく前からの映像も見てみると馬の進路の取り方や騎手の駆け引き等も見える部分があって面白いですよ。

 

1度G1だけでもいいので回顧してみてください。

 

皐月賞2019回顧はこちら。

皐月賞2019回顧

スポンサーリンク