スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬を買えば競馬は勝てるのか研究しています。皆さんに役立つ情報をお届けできるよう頑張ります。

競馬新聞を読んでは勝てない!

コロ助「競馬新聞を読んでは勝てない」

実況「いきなりすごい言い回しから始まりましたね」

コロ助「ちょっと乱暴な言い方になりましたね。少し訂正します。

『競馬新聞は隅から隅まで読んでいては勝てない。』

競馬新聞にはいる情報いらない情報が入り雑じっているので必要な情報だけを切り取らなければなりません。

実況「なるほど確かに競馬新聞にはいろいろな情報が載っていますもんね。でも書いてある情報が真実だとは限りませんよね?」

コロ助「その通りです。競馬新聞にはいろいろなコメントが乗っていますが、コメントを出す人は大体が調教師か調教助手になります。ここでちょっと考えてもらいたいのですが、あなたが馬主だとしてコメントで『無理だと思います』とか正直に書いてあったら怒りませんか?」

実況「確かに馬主だとして預けている馬であんまりはっきり言われるとショックかもしれませんね。多少は期待をしたいですもんね」

コロ助「大概の場合は馬主に気を使って当たり障りのないコメントを出しますね。

例えば

  • コース変わりで改めて期待。
  • もう少しやれていい。
  • このメンバーなら通用しても

こんな感じでしょうか」

実況「確かに良く新聞で良く見るコメントですね」

コロ助「誰もが馬主とは良好な関係を築きたいもの。馬主を怒らせて転厩ということも競馬界では珍しくありません。トラックマンも同様で調教師を怒らせて出入り禁止になるのを恐れてあまり否定的なことは書けません」

実況「なるほど、それでは逆に拾いたいコメントはありますか?」

コロ助「逆に拾いたいコメントは、

  • ブリンカーなど馬具着用の有無。
  • 逃げさせる、控えさせる等の戦法(ブラフの場合もある)
  • ジョッキーの進言でこの条件を使ってみる等

この辺りのコメントは拾っておきたいですね」

実況「その他に競馬新聞から拾ってはダメな情報はありますか?」

コロ助他人の予想に惑わされることです。

いざ馬券を買うという段階になると様々な誘惑がありますが1番大きな誘惑は新聞の印でしょう。自分では自信を持って買おうと思っていた馬が、新聞を見たらひとつも印がない。

買おうと思っていた穴馬を、他人の印に流されて買うのを辞めてしまうほどもったいないことはないでしょう。そもそもトラックマンの予想は枠順が確定する前に決まっているので、あまり参考にしすぎるのも危険です。天候、馬場、展開などはあまり加味されてないからです。大多数の人がトラックマンの印を参考に馬券を買っているので、自分の選んだ馬が全く印がなかったら逆においしいくらいに思いましょう」

実況「確かにトラックマンに鉄板とか書かれると絶対に来るような気になってしまうことはありますね。逆に拾いたい情報はどんなものがあるでしょうか?」

 

コロ助「逆に必要な情報は

  • 調教欄 調教を主に予想している人には必須の情報ですね。
  • 馬柱 これは展開を予想するのに必要。過去の脚質から展開予想するには必須です。

これくらいですかね。私なんかはどちらかと言えば穴狙いなのでみんなが印を付けているとガックリしますね」

実況「たしかに逃げ馬が人気の時はコロ助さんテンション低いですもんね笑」

コロ助「最後に結論を言うと

競馬新聞は必要な情報だけを切り取り自分の予想を信じて買う。余計な情報に惑わされない。これが正解だと言えます。

あくまで私個人の意見なので悪しからず。

 

それでは皆さんしっかり勉強して競馬を楽しみましょう」

 

 

こちらの記事がよく読まれています。

もう騎手の文句を言うのは止めようや。

低額予算でどんな馬券を買う?

有料予想から学んだ3つのこと

 

スポンサーリンク