スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬を買えば競馬は勝てるのか研究しています。皆さんに役立つ情報をお届けできるよう頑張ります。

競馬の経費って考えたことありますか?

コロ助「馬券で回収率100%を越えたら勝った気になっていませんか?笑」

実況「えっ?回収率が100%越えていたら勝ちじゃないですか?」

 

コロ助「実は回収率100%をちょっと越えたくらいじゃあなたは負けている可能性がかなり高い。今回はそのあたりの話をしていきたいと思います。貴方が馬券を購入する時、競馬新聞とか購入しますよね?その他に競馬場に行くのにも交通費や駐車場代がかかりますよね?」

 

実況「そうか。競馬の経費ですね?」

 

コロ助「正解です。まずは経費として何があるかというと

  • 競馬新聞またはスポーツ新聞
  • 競馬場の入場料
  • 競馬場への交通費
  • 競馬場の駐車場代
  • 指定席代

こんなところでしょうか。

競馬場での飲食代は省いております。

 

○競馬新聞

私が昔、競馬新聞を買っていたときは競馬ブックを買っていました。

 

現在の値段が500円なので

週に2回で1000円

1ヶ月で4000円

年間48000円かかります。

 

スポーツ新聞ならば

値段は今140円くらいですかね?

正確な値段がわからないので140円で計算しますが

週に2回で280円

1ヶ月で1120円

年間13440円かかります。

 

○入場料

毎週競馬場に行く人は当然ながら入場料がかかります。フリーパスの日もありますがそれは省きます。

 

1回で200円

週に2回で400円

月に1600円

年間4800円かかります。

 

○交通費

競馬場に行くのにもお金がかかります。

それぞれかかる金額は違うので私の場合の金額を出します。

 

最寄りの競馬場は京都競馬場京滋バイパスで往復1000円くらいかかります。

ということは

1回で1000円

週に2回で2000円

月に8000円

年間96000円かかります。

 

さらにガソリン代が競馬場の往復で月に2000円くらいだとすると

月に2000円

年間24000円かかります。

 

○駐車場

京都競馬場は駐車場代が2000円なので

週に2回で4000円

月に16000円

年間192000円かかります。

さらにここに指定席代もかかります。さすがに毎週毎週競馬場に足を運ぶコアなファンは多くないかもしれませんが結構年間にすると多くないですか?」

 

実況「毎回行くような人もいるでしょうね。毎回行ってると年間いくらかかるんですか?」

 

コロ助「指定席代を抜きにしても毎週競馬場に車で行って競馬ブックを毎回買ったときの合計は

282240円です。」

 

実況「に、28万。」

 

コロ助「10年で282万。

恐ろしい数字になりますね。」

 

実況「馬券を買う前からすでにこれだけのマイナスからスタートしているんですね。」

 

コロ助「なにも競馬新聞を買うな、競馬場に行くなということを言いたい訳ではなく、これくらいお金がかかるということを認識したほうがいいでしょうね。」

 

実況「でもこれだけお金が掛かることを知っているとさらに馬券を当てて経費分も回収しようとモチベーションがあがりますよね。」

 

コロ助「それでは皆さん経費も関係ないくらい馬券で儲けられるように頑張りましょう。」

 

実況「皆さんも1年間でどれだけの経費を使っているか計算してみてくださいね。」

 

こちらの記事も合わせてどうぞ。

もう騎手の文句を言うのは止めようや。

低額予算でどんな馬券を買う?

競馬新聞は読んでは勝てない!

有料予想から学んだ3つのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク