スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬を買えば競馬は勝てるのか研究しています。皆さんに役立つ情報をお届けできるよう頑張ります。

小倉2歳ステークス2018逃げ馬注意報

馬場の重い中行われる小倉のファイナルを飾る2歳限定の短距離レース。短距離ということであまりクラシックには繋がりませんが2016年にはレーヌミノルがここを制した後桜花賞を制しました。

 

今年もそんな馬が現れるのか注目です。

 

 

さあ小倉2歳ステークスの逃げ馬注意報始まるよ~

 

実況:さあ小倉のファイナルを飾る重賞小倉2歳ステータスの時間がやって参りました。

 

今年もスピード自慢の馬が揃いましたがコロ助さん、このレースの見所は?

 

コロ助:そうですね。下りからスタートの小倉1200メートルということでペースは流れますが平坦な直線なのでやはり前目から競馬できる方が有利ですね。

 

あとは経験の少ない2歳馬なので揉まれたり逃げたことしかない馬が違う戦法で力を出せるかもポイントですね。

 

前走逃げた馬が何頭かいますが今回逃げられるのは1頭だけですからね。

 

実況:なるほど。スムーズなレース運びが出来るかもポイントというわけですね。それでは新馬勝ちの馬より何戦かしている馬の方が有利になったりは?

 

コロ助:それはありますね。レースをこなしている経験はレースの旨さに繋がりますからね。

 

実況:なるほど。ありがとうございます。

それではレースのスタートです。

 

さあ稍重の開催となりました今年の小倉2歳ステークス。小倉最後の重賞を制するのははたしてどの馬なのか?それではレースがスタートします。

 

さあ各馬順調にゲートに誘導されます。

 

最後に14番ジャカランダシティがゲートに入ります。

 

スタートしました。

 

各馬一斉のスタート。

速いのはルチアーナミノル。

ルチアーナミノルが行きます。

 

さらに外からタムロドリーム。

さらにシングルアップ。セプタリアンが続きます。

内からエイシンノホシ。

外アーデントリー。

 

チュウワフライヤー。

さらにファンタジスト。

 

ブルベアオーロ。

その外にジャカランダシティ。

 

さらにミヤジシルフィールド。

カシノティーダ

アズマヘリテージと続きます。

 

先頭はルチアーナミノル浜中騎手の逃げになります。

 

ここで最初の600メートルは33秒5。

33秒5で通過していきます。

 

淡々とした流れ。ルチアーナミノルの逃げであります。

 

残り600メートル。

 

ルチアーナミノル先頭で直線に入ります。

 

先頭はルチアーナミノル。

 

それを追うセプタリアン。シングルアップ。

 

さらに内からチュウワフライヤーも来ているぞ。

 

逃げるルチアーナミノル。

 

並びかけるセプタリアン。

 

おっーとここでセプタリアンが先頭にー

 

先頭はセプタリアン。

 

2番手はまだ粘るルチアーナミノル。

 

さらにチュウワフライヤーも伸びてくる。

 

先頭はセプタリアン。チュウワフライヤーがルチアーナミノルを交わす。

 

セプタリアン先頭でゴールイン。

 

2着はチュウワフライヤー。

 

逃げたルチアーナミノルは3着まで。

 

いやーコロ助さん。ルチアーナミノルが逃げ切るかと思われましたが最後に捕まりましたね?

 

コロ助:そうですね。やはり馬場が重かったので最後に足が鈍りましたね。

 

馬場が重い中このペースでしっかりと追走できた上で差してこれた馬が上位に来ましたね。

 

勝ったセプタリアンもテトラドラクマの下になるので速いペースは持ってこいでしたね。

 

距離ももう少し持ちそうなのでこれからが楽しみです。

 

実況:コロ助さんありがとうございました。

 

それではスタジオにお返ししまーす❗

 

 

はい。ルチアーナミノル勝たせると思ったでしょ?

 

馬場が良ければ逃げ切りの可能性が高いかと見ていたのですが、馬場を考えるとなんとか3着に粘ってくれという結論になりました。

 

小倉2歳ステークス逃げ馬注意報

 

◎ルチアーナミノル

○セプタリアン

▲チュウワフライヤー

 

買い目

ワイド◎ー○▲

 

それではレースを楽しみましょう。

 

ルチアーナミノルそのままー粘れー

 


 

 

 

スポンサーリンク