スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬を買えば競馬は勝てるのか研究しています。皆さんに役立つ情報をお届けできるよう頑張ります。

競馬で負ける3つの行動

皆さんこんにちは。

逃げ馬ハンターコロ助です。

 

以前は逃げ単のコロ助と名乗っていましたが、最近は逃げ馬の単勝だけでなく逃げ馬からのワイドや馬連も買うようになってきたので分かりやすく改名しました。

 

それでは本日の本題は

これをすれば競馬で負ける3つの行動

です。

 

皆さんは競馬で勝ちたいと思っていますか?

 

競馬は95%の人が負けるギャンブルです。

勝ち組は全体の5%ほどしかいないと言われています。

 

まずは今までやってしまっていた負ける行動を止めてみませんか?

 

これをすればあなたは負ける3つの行動

  1. 単勝1倍台は絶対来ると思ってしまう。
  2. 資金コントロールができていない。
  3. 自分の予想を信じれない

 

ひとつずつ見ていきましょう。

単勝1倍台の馬は絶対来ると思ってしまう。

競馬を始めたばかりの人はハズレるのが怖くて当てにいく傾向があります。

 

もしかして的中率100%とか目指したことあるんじゃないでしょうか?

 

確かに単勝1倍台の馬の勝つ確率は高いです。

単勝1番人気の勝つ確率がおよそ3割くらいに対して単勝1倍台の馬の勝率は約48%です。

 

100回走れば52回負ける計算です。

期待値的には確率が50%なら配当は2倍以上ないと期待値はマイナスになるのであまりいい買い方だとは言えません。

 

有馬記念ディープインパクト単勝に突っ込んだ人はいませんか?

宝塚記念ゴールドシップ単勝に突っ込んだ人はいませんか?

天皇賞春でオルフェーヴル単勝に突っ込んだ人はいませんか?

宝塚記念キタサンブラック単勝に突っ込んだ人はいませんか?

 

でも逆に複勝率は驚異の80%とかなり高い数字を示していますので他に人気のない馬で面白そうな馬がいればその馬を単勝1倍台の馬にぶつける馬券を買う方が長期的には勝てると思います。

逆に単勝1倍台で怪しい馬がいればチャンスですね。

○高配当の条件は

  1. 人気馬の凡走
  2. 人気薄の激走

です。この二つが合わさったときに配当は跳ね上がりますので、そういうレースがあれば激アツですね。

 

○資金コントロールができていない

馬券でハズレたことにイライラし今までの負けを金額を増やして一気に取り戻そうとしたことはありませんか?

 

元々勝負レースでそのレースは多めの金額を使う予定ならいいですが、特に自信もないのに金額を上げて負け分を取り戻そうとするのはオススメできません。感情的になるのも負ける大きな要素です。

 

ハートは熱く、頭はクールに

 

まぐれで当たることもあるでしょうが、大抵の場合は負けることのほうが多いはずです。

 

まずばその日の買うレースを

・勝負するレース
・自信がなく見送るレース

と分けて見てはいかがでしょう?

 

勝負してもいいレースだけを自信度に応じた金額であらかじめ決めておいた金額だけを賭けるようにしてください。

それだけでかなり回収率は変わって来るはずです。

 

これはスロットとかパチンコでも一緒です。

 

打ちたいから適当な台に座って打つ。

これは買いたいから全レース買うのと同じようなものです。

 

スロットとかで買っている人は、前日から明日期待値の高い台が入る場所を予想したり、期待値の高い台にしか手を出しません。

 

負けてもいいから打つのが好きという人もいるでしょうが、やっぱり勝ちたいですよね?

 

楽しんで勝つ

これが1番難しい気がします。

 

私も昔スロットをしていた時は天井狙いばかりしていました。期待値が見えやすいから勝ちやすかったんですよね。

 

もちろん新台がでても我慢。打ちたくても我慢でした。せっかくコツコツ期待値を積み重ねても楽しみで打ってしまうとそれまでの苦労が水の泡になってしまいますからね。

 

勝つことを追及すれば楽しみを捨てないといけない。

 

まあ楽しみを捨てると言っても全く馬券を買わなかったりスロットを打てないわけではないので、我慢しながら勝つことを楽しむようにしています。

○自分の予想を信じれない。

競馬新聞や予想家の予想を見て信じてしまったことはないでしょうか?

 

あくまで予想は予想です。

基本的に予想をする人は勝ち負け濃厚とか圧勝するでしょうとか読み手が勘違いしそうな書き方をします。

 

こういう書き方になるのは当然で言い切らないと信用性がないからです。

 

来るかもしれません。

来たらいいなと思います。

たぶん来るはず。

と自信の無いような言い方だと誰も予想を見てくれませんもんね。

 

自分が予想して選んだ馬が他の人は印を付けていない。やっぱり止めよう。

これが1番ダメなパターンです。

 

以前の記事でも書きましたが競馬は他のファンとの配当の奪い合いです。

競馬の真実と絶対に負けない方法

他の人が買ってない馬券を取れれば高配当になりますよね。

もちろんその馬を買う根拠がなければダメです。根拠の無い穴狙いはお金をどぶに捨てているようなものです。

 

他人の予想は参考にしても完全に信じないようにしましょう。

中にはマル乗り派の人もいるでしょうが、乗るなら乗るで最後までしっかり乗ってください。

 

今回ハズレたから次はあの人に乗ろう。やっぱりこっちの人に乗ろうとあっち行ったりこっち行ったりする人も多いのではないでしょうか。

大事なのは長期的でプラスにすることで、毎回毎回的中を求めるのは間違っています。

 

そんなに当てたかったら三連単全通り買うことをオススメします笑

 

競馬は多数派よりも少数派になるほうが勝ち組になる確率は高くなると私は思います。

 

なぜならその他大勢と同じような買い方をしていると当たっても安い配当しかとれないからです。

 

当初は7つくらい項目を作ったのですが、なんかこれとこれは同じ項目でいけるなーというのがあって最終的に3つになりました。

 

競馬は努力すれば確実に上手くなります。

 

頑張って勉強して他のファンに差をつけていきましょう。

 

こちらの記事がよく読まれています。

もう騎手の文句を言うのは止めようや。

低額予算でどんな馬券を買う?

競馬新聞は読んでは勝てない!

有料予想から学んだ3つのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク