スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬を買えば競馬は勝てるのか研究しています。皆さんに役立つ情報をお届けできるよう頑張ります。

菊花賞2018をコロ助視点から振り返る

コロ助「テッコン君出遅れてもうた。」
状況「松山騎手もスタートが全てですとレース後のコメントでおっしゃっていましたもんね。
コロ助「それにしてもアイトーンが逃げられないのは少しは予想をしていたもののここまでドスローの流れになるとは。」
状況「1000メートル通過が62秒ですもんね。菊花賞にしてはかなり遅いです。」
コロ助「ジェネラーレウーノなんかドスローで逃げても良さがでないのはわかってるんでもしかしたらラビットに徹したのかもしれませんね。」
状況「えっ?どういうことですか?」
コロ助「ジェネラーレウーノはスローではキレ負けするのはわかってるんですよ。それをあのペースでの逃げでしょ?勝つための騎乗ではないですよね。あの競馬で1番特をしたのは誰でしょうか?」
状況「それなら勝ったフィエールマンと2着のエタリオウでしょう?」
コロ助「エタリオウとジェネラーレウーノは同馬主なんだよね!」
実況「!!!!!」
コロ助「エタリオウが馬主の本命で、スローが好走条件のエタリオウの為にドスローに落としたと考えればジェネラーレウーノの走りの理由が納得がいくんですよね。」
状況「スタート後エタリオウは後方3番手でしたがドスローに乗じてすぐに中段までポジションを上げましたね?」
コロ助「この辺がデムーロ騎手やルメール騎手の上手いところですよね。ペースが遅いと見るや勝負できる位置を取りに行く。しかも出していったにも関わらずちゃんと折り合わせる技術はすごいです。フィエールマンも前走は追走に苦労していましたが今回はすんなり中段に付けられていましたよね。エタリオウへのフォローがフィエールマンにもプラスになった形でした。」
状況「これからは馬主のチームプレーも計算に入れないとダメですね。」
コロ助「そうなんですよね。マイネル軍団もよくやってきますし。厩舎の多頭数出しも要注意ですよね。1頭が前、1頭が後ろで前がペースを速くするとかの作戦も読まないといけないし考えないといけないことが多すぎるー」
状況「それにしてもメイショウテッコンには厳しい流れになりましたね。」
コロ助「前に行けなかった時点でヤバイと思いましたがペースを聞いて愕然としましたね。
また次のレースで頑張ってもらいたいですね。ずっと応援していきますよ!いずれ天皇賞(春)で人気薄で勝ってもらいましょう!(笑)」
状況「来週は天皇賞(秋)ですね。豪華メンバーが揃ったので楽しみですよね。
ふふふ。コロ助さん。天皇賞(秋)の予想もう決まったんですよね。」
コロ助「えっ?もう決まったの?」
状況「◎ルメールデムーロでいきます。この二人から流せば当たるでしょう?」
コロ助「ほんとに当たりそうで怖いわー!」

スポンサーリンク