スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬を買えば競馬は勝てるのか研究しています。皆さんに役立つ情報をお届けできるよう頑張ります。

コロ助が万馬券の取り方教えます。

コロ助万馬券を取りたいかー?」

実況「おー。」

コロ助「十万馬券が取りたいかー?」

実況「おー。」

コロ助「よし。万馬券の取り方を教えてあげよう。」

実況「コロ助様ありがとうございますって何をやらせるんですか?」

コロ助「今日は万馬券や十万馬券の取り方を教えてあげようと思って。」

実況「それは知りたいですけど、そんな方法あるんですか?」

コロ助「あるよ。ズバリ

万馬券になる馬券を買う!」

実況「えっ?どういうことですか?」

コロ助万馬券が取りたかったら万馬券の可能性がある馬券を買う必要がありますよね。となると可能性があるのは馬連馬単、3連複、三連単になってくるでしょうね。」

実況「たしかに単勝複勝やワイドでは万馬券が出る確率はかなり低いですもんね。」

コロ助「ここで皆さんに質問です。こんな買い方してませんか?」

  • 馬連 1番人気から流し
  • 馬単 1番人気から流し
  • 3連複 1番人気から流し
  • 三連単 1番人気の1着固定流し

実況「この買い方をしている人は多いでしょうね。」

コロ助「この買い方なら相手によほどの穴が来ないと万馬券にはならないでしょうね。配当が跳ねるにはある2つの条件があります。」

実況「条件ですか?」

コロ助「ひとつは人気馬が飛ぶこと。2つ目は人気薄の好走です。この2つが重なると配当が一気に跳ねて万馬券になる訳です。」

実況「なるほど。それじゃ1番人気が危なそうなレースは狙い目ですよね?」

コロ助「そのとーり!

大事なのはそのレースが荒れるか堅いかの見極めですよね。面白い穴馬がいたり、1番人気が怪しいレースがあれば熱いですよね。

その両方が揃っていたらもう激熱ですね。」

実況「そういうレースがいわゆる勝負レースというわけですね?」

コロ助「まあこれは本命派か穴派かによりますけどね。本命派はいかに的中の確率がいいレースを選ぶかがポイントになりますよね。」

実況「オススメの買い方はありますか?」

コロ助万馬券を狙うなら3連複がオススメです。3連単万馬券が出やすい馬券ですが、資金がかなりかかるのと的中率が低いので初心者の方にはオススメできないですね。

その分3連複なら少ない金額でも万馬券が狙えます。

3連複でのオススメの買い方は流しがフォーメーションになります。」

実況「フォーメーションはコロ助さんもよく使っていますよね。」

コロ助「そうですね。流しは本命から相手に選んだ馬を全部買う方法で例えば、

相手が5頭なら10通り

相手が6頭なら15通り

相手が7頭なら21通りになります。

フォーメーションは流しから買い目を絞った形になります。

例えば印が◎○▲☆△△△とします。

流しでは◎から全通りの馬券を買うので15通りになります。

フォーメーションで

◎ー○▲ー○▲☆△△△と組むと9通りになります。

◎○ー印と◎▲ー印の組み合わせだけを買う形ですね。

ここで初心者さんがやりがちな組み方は

①ー②③ー②③④⑤⑥⑦(数字は人気)

こんな感じに組む人多いんじゃないですか?」

実況「多そうですけど、当たりそうじゃないですか?」

コロ助「当たりますよ。人気から買ってるんだから。でも配当が1000円から3000円くらいが多くなって当たるものの全然儲からないという状態に陥ります。この組み合わせじゃ1番配当が大きくなる組み合わせが①③⑦ですよね。これじゃ恐らく万馬券には届かないんじゃないでしょうか?」

実況「じゃあどうしたらいいんでしょうか?」

コロ助「フォーメーションの組み方を工夫するんですよ!」

実況「例えば?」

コロ助「まずは本命を1番人気以外から選ぶことですね。好走確率が高くてなおかつ人気が控えめだと尚いいです。じゃあ例えば本命を3番人気としましょうか?2列目に①④番人気を入れてみますよ。

③ー①④ー①②④⑤⑥⑦

どうですか?これなら最高の配当が出る組み合わせが③④⑦の組み合わせですね。」

実況「なるほど。これなら確実に万馬券になりそうです。」

コロ助「もうひとつは人気馬から買うフォーメーションで万馬券を狙う方法だけどわかるかな?」

実況「わかった。相手に人気薄を持ってくる!」

コロ助「おっ!正解でーす。」

実況「やったー。」

コロ助「本命が人気なので儲かるように相手に人気薄を持ってくるやり方ですよね。

例えば本命が1番人気だとして

①ー⑤⑥⑧ー印

といった感じですかね。

秋華賞の時にアーモンドアイは逆らえないのでこういう買い方をした人多かったんじゃないですかね。」

実況「あっ!コロ助さんに質問です。」

コロ助「はい?なんでしょ?」

実況「堅く決まったらどうするんですか?例えば3番人気を本命にして相手に1番人気と2番人気が来ちゃったら?」

コロ助「それはね。」

実況「それは?」

 

 

コロ助「堅かったら諦める!」

 

実況「えーーーー。」

 

コロ助「そもそも高配当を狙っているので堅かったらキッパリ諦めて次のレースで狙えばいいんですよ。もともと堅く決まらないと予想してるから買っているわけですしね。本命派は的中率を上げないと厳しくなりますが、中穴派や大穴派は如何に一気に回収するかが重要です。当てに行かずにハマるのを待つ感じですね。」

実況「ハマるのを待つか〜。なんかパチンコやスロットみたいな感じですね。」

コロ助「近いかもね。パチンコやスロットも期待値を追いながらハマって一気に回収するのが勝つ方法だから似てるかもね。」

実況「なるほど。コロ助さんはもう長いことハマるのを待ってますよね(笑)」

コロ助「うー。痛いところを突きよってかなに(笑)でもそろそろデカイの来るよ〜。しっかり狙っていけばそのうちハマるさ。」

実況「期待していますよ。」

コロ助「取り敢えずは万馬券になる馬券を買わないと万馬券や十万馬券は取れません。まあ闇雲に人気薄を買っても当たらないのでそれなりの狙う根拠は必要になりますけどね。」

実況「結局は勉強して人気薄を狙える根拠を見つけないといけないんですよね?」

コロ助「そらそうでしょ。そんな適当に買って当たったら苦労はしません。」

実況「なーんだ。」

コロ助「楽して儲けようなんて甘ーい。甘すぎるよ小沢さん。」

実況「なんにせよ。勉強は必要になるということですよね。皆さんしっかりと穴馬を狙えるように勉強していきましょうね。」

コロ助「また穴馬の狙い方みたいなのも書きますね。」

実況「それでは本日はここまで。ご清聴ありがとうございました。」

 

 

 

スポンサーリンク