スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬を買えば競馬は勝てるのか研究しています。皆さんに役立つ情報をお届けできるよう頑張ります。

逃げ馬を狙う。それが私の流儀。中日新聞杯2018アレコレ。

逃げ馬を狙う。それが私の流儀。

 

私の流儀。英語にするとマイスタイル。

そう中日新聞杯に出てくるマイスタイルのことである。

 

逃げ馬を狙う。それが私の流儀。

 

めっちゃカッコいいやん。

コロ助はこのフレーズを気に入っていた。

 

基本的には逃げ馬を狙いたいコロ助

 

しかし阪神ジュベナイルフィリーズは逃げ馬には厳しい舞台。

 

カペラステークスもスタートから坂を下るのでペースがかなり上がりやすく、こちらも逃げ馬には厳しい。

 

それならば中日新聞杯で狙うかと思うコロ助

 

メンバー表に目を通すコロ助

 

そこにはマイスタイルの名前があった。

前走はマルターズアポジーの作る速い流れについて行って強い2着だった。

 

かなり馬が強くなっている。2000メートル前後ならその内重賞を取るだろうなと思っていたコロ助

 

しかし不安は騎手だ。

コロ助田中勝春騎手は全く信用していなかった。

 

しかしマイスタイルとは手が合っている。

 

予想オッズを見ると4番人気だった。

うーん。微妙~。うなだれるコロ助

 

そのまま予想オッズを眺めるコロ助

うん?

 

ギベオン1番人気でグレイルが2番人気?

 

ギベオンは距離が長そうだし、グレイルは左回りは結果が出ていない。

 

これは飛ぶ可能性があるぞ。

ちょっとやる気が出てくるコロ助

 

マイスタイルから行ってもギベオン、グレイルが飛べば配当も期待できそうだ。

 

あとは中京での実績があるエンジニアやエテルナミノル等が穴候補だろう。

 

今の中京芝は前が有利な馬場。

 

そうなるとドレッドノータスなんかも面白い。

 

前年の覇者メートルダールも差しが届かない馬場なら苦戦するかもしれない。去年より斤量も増えている。

 

よし。中日新聞杯は前を狙おう。

 

そう決めたコロ助

逃げ馬を狙う。それが私の流儀。

 

実況「あの~コロ助さん。浸ってるところ悪いんですが、そんなにカッコよくないですよ。それ。」

 

コロ助「うそーん。めっちゃカッコいいじゃん。」

 

実況「それはともかく中日新聞杯は荒れそうですよね?」

 

コロ助「大荒れの可能性もありそうですよね。」

 

実況「ギベオンもグレイルもメートルダールも信頼はできなそうですもんね?」

 

コロ助「このレースに関しては堅軸と言える馬がいないよね。馬券をどう買うのかが重要になりそうですね。穴から手広く流す。穴の単複。いろいろ考えたいですよね。」

 

実況「やはり前からですか?」

 

コロ助「結構中京の芝は前目が有利な感じになってると思うんですよね。長い直線で差し馬が人気になるのなら前目に行ける馬が盲点になるんじゃないですかね。」

 

実況「他のレースは前には厳しいレースになりそうてますしね。」

 

コロ助「基本的には前を狙いたいしね。」

 

逃げ馬を狙う。それが私の流儀。

 

こちらの記事も昨日書きました。

今年の注目のニュースは?

2018年ディープインパクト大賞

 

 

スポンサーリンク