スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

朝日杯フューチュリティステークス穴馬候補は?

コロ助「こんちは。グランアレグリアか普通に勝ちそうな気がしてるコロ助です。」

 

実況「止めてくださいよ。コロ助さんが本命にするとグランアレグリアが飛んでしまう。」

 

コロ助「人を疫病神のように(笑)。」

 

実況「それはともかく今日は穴馬を見ていくんでしたよね?」

 

コロ助「恐らくグランアレグリア本命の人は多いでしょうけど、断然人気になるからね。相手を絞るか穴馬を絡めないと儲からないでしょうね。」

 

実況「確かに。」

 

コロ助「私は『人気馬ー人気馬ー人気馬』で決まったら諦められる人間なんだけど、『人気馬ー人気馬ー穴馬』か『人気馬ー穴馬ー穴馬』みたいな組み合わせの馬券を取りたいよね。」

 

実況「『穴馬ー穴馬ー穴馬』の組み合わせは?」

 

コロ助「そこは確率が低くなりすぎるので狙わない。来たら事故だと思ってます。」

 

実況「確かに狙って取れる馬券ではないですよね。それでは朝日杯フューチュリティステークスの穴馬候補を教えてください。」

 

コロ助朝日杯フューチュリティステークスの穴馬候補は

○ニホンピロヘンソン

前走は単騎逃げの展開になりましたが、捕まりそうな所からさらに加速する二の脚が見事だった。1400メートルからの延長が嫌われそうだが、ルーラーシップ産駒なので距離を伸ばしたほうがいいのではないか?前が残る展開になれば残り目があってもいいのでは?」

 

○エメラルファイト

札幌2歳ステークスはニシノデイジー、クラージュゲリエがその後の重賞で勝利と今振り替えるとレベルが高かった1戦だった。そのレースでスムーズな競馬ができなかったが4着に入ったこの馬も能力は高いのではないか?

前走アイビーステークスはかなりのスローペースでキレ負けした形だが、鞍上がビュイックへ強化しタフな阪神マイルになることでパフォーマンスを上げてくる可能性は十分にあるはずです。

 

マイネルサーパス

前走きんもくせい特別がかなり強い内容。血統、馬主、騎手が地味であんまり人気にはならないだろうが馬の能力は相当高いはず。前走倒したダノンチェイサーは次走勝ち上がっていますし決して弱い馬ではなかった。上がり性能がかなり高い馬なので、早い上がりが使えるというのはこの舞台でも大きな武器になりそうです。ただ騎手が不安。」

 

実況「エメラルファイトはビュイック騎手で多少は人気するかもしれませんね?」

 

コロ助「そうかもしれないよね。上手い騎手が乗れば好走する可能性は上がるけどオッズが下がる。下手な騎手が乗ればオッズは下がるけど好走率が落ちる。このバランスだよね。」

 

実況「あれ~。1番人気の勝春さん本命にした人は誰だったかな~?」

 

コロ助「私だよ。あれは下手な予想でした(笑)」

 

実況「まあ、いい勉強になりましたよね。」

 

コロ助「どこかにルメールが乗って好走しそうな穴馬いないかなー。」

 

実況「そんな馬はいません(笑)」

 

今週はこの記事も書きました。

コロ助の黒い衝動 クイーン賞コロ助予想

朝日杯フューチュリティステークスの危険な人気馬は?

 

聞いてください。コロ助でJ.R.A. 

スポンサーリンク