スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

僕たち種牡馬になるよ~。2018引退馬クイズ。

コロ助「別れは~悲しいけれど~、

その分また新しい出会いがあるのさ~

るるる~。」

 

実況「コロ助さん。有馬記念の話はしないんですか?他のブロガーさん、みんな必死でブログ書いてますよ。」

 

コロ助「今日は~違う話を~書きたい~気分なのさ~るるる~。」

 

実況「あの~ちゃんと話してもらえますか?」

 

コロ助「はい。どもコロ助です。」

 

実況「いきなり戻った(笑)。」

 

コロ助「今日は引退するけど、種牡馬になれることが決まった競走馬の話をしていきます。」

 

実況「たしかに引退は寂しいてますけど、また子供達に出会えるのは楽しみですよね。」

 

コロ助「応援してた馬の子供をまた応援できる。これも競馬の楽しみの1つだよね。」

 

実況「引退した牝馬もいいお母さんになってほしいですよね。種牡馬になれなかった馬もお疲れさまでした。」

 

コロ助「キョウエイアシュラ君お疲れさまでした。」

 

実況「11歳までがんばりました。60戦も走ってるんですね。」

 

コロ助「最後までいい末脚を出していたよね。お疲れさまでした。」

 

実況「それではどんな感じで進めましょうか?」

 

コロ助「普通にしても面白くないので、クイズにしましょうか?」

 

実況「いいですね。おもしろそう。」

 

コロ助「全部答えられたら、結構なマニアです。

自慢してもいいよ(笑)。」

 

実況「それではいきましょう。」

 

コロ助「サトノ軍団の稼ぎ頭が4頭引退して種牡馬になりますが、その4頭とは?」

 

 

 

 

実況「答えは、サトノダイヤモンドサトノクラウンサトノノブレスサトノアラジンでした。サトノアラジンも今年引退なんですね?」

 

コロ助「登録抹消されたのが、1月5日なんだよね。それでは次行きましょうか。

 

共同通信杯ドゥラメンテを撃破。そのお陰で石橋騎手が降ろされることに。皐月賞とダービーは石橋騎手だったらどうだったんだろう。嫁が石橋騎手のファンだったのでブーブー言ってました。この馬は?」

 

 

 

実況「答えはリアルスティールでした。意外にも日本ではG1勝ってないんですね。ドバイでは強いレースを見せてくれました。」

 

コロ助「馬名はローマ皇帝から。京阪杯を連覇した坂路番長といえば?」

 

 

実況「これは簡単ですね。答えはネロでした。」

 

コロ助「子供にオキロとか付けてほしいよね。

 

竹之下騎手から古川騎手に変わり覚醒。みやこステークス東海ステークスは強い勝ち方でした。最後のレースは古川騎手の超早仕掛けで失速。コロ助武豊騎手とのコンビで見たかった馬は?」

 

 

 

実況「答えはテイエムジンソクでした。一時はホッコータルマエの後継者になるかもと期待したんですけど残念でした。」

 

コロ助武蔵野ステークスマーチステークスを制覇。G1ではフェブラリーSで2度馬券内に好走。ピンクの勝負服で馬名の意味は呪文、呪術。この馬は?」

 

 

 

実況「答えはインカンテーションでした。」

 

コロ助「○未完の大器と期待されたディープ産駒。安田記念でも4着と好走し最後は中京記念を勝利し引退したこの馬は?」

 

 

 

実況「答えはグレータロンドンでした。」

 

 

コロ助「珍しいアルデバランⅡ産駒で、シルクロードステークスを連覇したこの馬は?」

 

 

実況「答えはダンスディレクターでした。」

 

コロ助「開催日が12月から3月になったことで4ヶ月の間に金鯱賞を変則連覇したこの馬は?」

 

 

実況「答えはヤマカツエースでした。なかなかこの連覇はないですよね。」

 

コロ助「なかなか届かなかったG1のタイトル。ついにつかんだG1のタイトル。しかしゴール後に下馬する岩田騎手の姿が印象的でした。G1のタイトルと引き換えに怪我で引退することになったこの馬は?」

 

 

実況「答えはレインボーライン。岩田騎手がすぐに下馬したのですぐに怪我だとわかりましたね。最後の末脚は見事でした。」

 

 

コロ助菊花賞3着から4連勝で有馬記念を制覇。脇役から一気に主役になったこの俳優は?」

 

 

 

実況「答えはゴールドアクターでした。この俳優は?って(笑)典さんでの宝塚記念の激走には驚きましたね。」

 

 

コロ助「最後は難しいよ。

 

かしわ記念コパノリッキーの2着の実績があり、さいたま杯ではベストウォーリアドリームバレンチノホワイトフーガを撃破、この地方馬は?」

 

実況「答えはソルテでした。」

 

 

コロ助「一時は不振に陥ったんだけど、最後はキタサンミカヅキケイアイレオーネを倒す復活の勝利。有終の美を飾りました。またJRA勢を倒すような産駒が出てくるのに期待したいですよね。」

 

 

実況「皆さん何問正解できました?」

 

コロ助「全部わかった人は相当なマニアだよね。自慢してもいいよ(笑)。競走馬としてG1を勝てなかった馬の産駒がG1を取るっていうのもドラマがあるよね。」

 

実況「この馬達の産駒が早く見たいですよね。もう何年かするとディープ産駒がいなくなって後継種牡馬が父になるんですもんね。」

 

 

コロ助「ディープ産駒ばっかりじゃ面白くないしね。」

 

実況「ロードカナロア産駒ばっかりの時代が来たりして。」

 

 

コロ助「ありそうで怖い(笑)」

 

こちらの記事もよろぴこです。

なぜ有料予想を買うのか?

 

 

 

 

スポンサーリンク