スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

時代の変化に対応しよう。競馬も時代とともに変化するよ~。

実況「オジュウチョウサン、やっぱり天皇賞(春)目指すみたいですよ~。」

 

コロ助中山グランドジャンプ天皇賞(春)と両睨みみたいだけどね。有馬記念出れたから夢は叶ったとか言ってたのに(笑)」

 

実況「平地G1を勝つのが夢って書いてますね。しかも鞍上は石神騎手。」

 

コロ助「そら、あんだけ有馬記念の騎乗に対してボロクソに言ってたからね。ユタカさんも乗らんでしょう。」

 

実況「そうですよね。」

 

コロ助「最優秀障害馬に選ばれた時のコメントも見ましたか?

『3年連続で選ばれたのは光栄なことです。有馬記念以外はうまくいきました。』だって。」

 

実況「このお方は本当にコメントがお下手。」

 

コロ助「もう少し上手くコメントすればいいのにね。せっかくの活躍に水を差しているよね。まあでもオジュウチョウサンには非は無いので頑張ってほしいですね。ところで今日は何の話をするんだったけ?」

 

実況「今日は時代の変化に対応しようって話ですね。」

 

コロ助「そうでした。(笑)

皆さんは時代の変化に対応できていますか?競馬も日々変わっていきます。

昔であったら内枠の馬を買うだけで儲かる時代がありましたが、もはや内枠有利は誰もが知るところになり、内枠有利になりやすい天皇賞(春)有馬記念なんかは内枠というだけでかなりの人気を集めてしまい旨味はありません。」

 

実況「昔は今みたいに誰もがインターネットで情報を得られる時代じゃなかったですしね。」

 

コロ助「だから昔勝てた方法も今の時代では通用しない可能性がありますよね。JRAの競馬自体もだいぶ変わってきましたしね。」

 

最近の競馬界の変化。

○馬場の変化

馬場を柔らかくするエアレーション作業により、開幕週でも差しが決まることもありますし昔より馬場読みが難しくなった感じがします。

○外国人騎手の活躍

デムーロルメール騎手に加え、短期でやってくるモレイラ騎手、マーフィー騎手が大活躍。強い馬に上手い騎手が乗り、普通に好走させてしまうので旨味を求めて逆らっても馬券が当たらない事態になってしまう。

ノーザンファームの大活躍

G1で活躍するのはノーザンファームの馬ばかり。この後書く外厩仕上げのノーザンファーム産の馬がG1を取りまくる現状。

外厩

ノーザンファームしがらき、ノーザンファーム天栄で仕上げられたノーザンファームの馬がG1で大活躍。最近では前哨戦をパスして、いきなり本番という使い方が増えてきたが、外厩仕上げの馬は初戦から結果を出してしまう。

 

実況「昔は休み明けの馬なんかは軽視でしたもんね。」

 

コロ助「そうだね。

コロ助も旨味旨味ばっかり言ってて外国人騎手が乗った外厩仕上げのノーザンファームの馬を嫌っていたけどやっぱり当たらない(笑)。普通に来ちゃうからね~。

これからはあまり嫌わずに上手く付き合いたいと思います。そうだな~半年以内で自分のスタイルを固めていきたいと思います。」

 

実況「なんか無責任じゃないですか?」

 

コロ助コロ助としては半年という期間を設けて馬券のスタイルを固めると言いました。それがコロ助の誠意です。その半年でコロ助の馬券成績がどうなるかを見てもらった上で無責任かどうかを決めてもらったらと思います。」

 

実況「それじゃあコロ助さんが矢面に立つというか悪者にされてしまいませんか?」

 

コロ助「私はそういう風に思ったことはありませんし、もし私が悪者に見えてしまったら、それは私の力不足が原因だと思います。」

 

実況「はい。そろそろ嵐をパクるのも止めましょうか?」

 

コロ助「そうだね。無理やりだったしね。」

 

実況「皆さんも時代の変化に対応して馬券を楽しみながら上手くなりましょうね。」

 

コロ助「競馬を上手くなるように研究するのもまた楽しいよね。

楽しみながら上手くなりましょう。」

 

スポンサーリンク