スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

その1番人気は信頼できるの?

コロ助「どもコロ助です。今日は1番人気の取り扱いについて考えていきたいと思います。」

 

 

背後のクローゼットから気配が。

コロ助「誰だ?」


f:id:yk10310266:20190205141847j:image

 

???「きゃっ。」

ガチャ。

 

コロ美「こんにちはコロ美です。」

 

コロ助「えっ?なんでお前がいんの?実況さんは?」

 

コロ美「なんか今日は別の仕事があるみたい。代打を頼まれちゃった。」

 

コロ助「そんなら仕方ないね。てかなんでクローゼットに隠れてるんだよ。」

 

コロ美「驚かせようと思って。ふふ。」

 

コロ助「もう仕方ねえな。コロ美は1番人気の勝率と連対率と複勝率を言えるかな?」

 

コロ美「ちょっと待って。たしかこの本に書いてあったはず。」


f:id:yk10310266:20190205133258j:image

 

コロ美「あった。これね。

え~と1番人気の勝率はこの本によるとおよそ30%、連対率が50%、複勝率が62%って書いてあるわ。」

 

コロ助「そうなんだよね。この数字をどう判断するかだよね?」

 

コロ美「1番人気って3回に1回くらいしか勝たないのね?」

 

コロ助「でも2回に1回は連対するんだよね。だから1番大事なのはそのレースの1番人気が信頼できるのか、または危険な1番人気なのかの判断ができるかどうかだよね。」

 

コロ美「1番人気が飛べば配当も大きくなるわよね。」

 

コロ助「高配当の条件は、人気馬の凡走と人気薄の好走だからね。1番人気が怪しくて自分の自信の本命が人気が無かったら激熱だよね。」

 

コロ美「レースを予想するときは、まずは1番人気の馬が信頼できるのかどうかから考えるのもいいかもしれないわね。」

 

コロ助「そうだね。1番人気が怪しいとなると、高配当が期待できるしね。逆に馬券内に来る確率の高さを利用する方法もあるよね。」

 

コロ美「どういうこと?」

 

コロ助「1~3番人気の馬が1頭でも馬券内に入る確率がわかるかい?」

 

コロ美「1番人気が62%だから、3頭なら85%くらい?」

 

コロ助「答えは93%。だから3連複フォーメーションで二列目に1,2,3番人気を入れとけば、確率的には二列目は93%の確率で馬券内に来るわけ。あとは4番人気以下から本命を全力で探すだけ。」

 

コロ美「でも1,2,3番人気で決まったらどうするの?」

 

コロ助「1,2,3番人気の3頭で決まる確率って知ってる?実は1,2,3番人気の3頭で決まる確率はおよそ7%しかないんです。」

 

コロ美「1番売れる組み合わせで決まる確率がたったの7%。これを知るとガチガチの3連複に突っ込むの怖くなるわよね。」

 

コロ助「まあ確率ではね。」

 

コロ美「今日は私がまとめていい?」

 

コロ助「へいへい。どーぞ。」

 

コロ美「えーと。1番人気が信頼できるか怪しいかの判断の精度が上がれば回収率も良くなるはず。みんな頑張ってそのレースの1番人気が信頼できるか考えていきましょうね。」

 

スポンサーリンク