スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

『馬券のヒント』こんな1番人気は嫌だ。

コロ助「どもコロ助です。今日は『こんな1番人気は嫌だ』というテーマでいきたいと思います。」

 

実況「昨日の続きですね。」

 

コロ助「1番人気の勝率はおよそ30%複勝率は約62%もあるので、むやみに逆らっていては馬券は当たりません。逆に1番人気の単勝複勝ばかりを買っても回収率は75%くらいになってしまい勝つことはできません。」

 

実況「じゃあ、どうしたらいいんですか?」

 

コロ助「結論を言うと、

信頼できる1番人気を買って、信頼できない1番人気を買わないということだね。」

 

実況「また当たり前のことを(笑)。それができれば苦労しませんよ。」

 

コロ助「まあでも昨日も書いたけど1番人気が信頼できるのかを考えるのはレースを攻略するうえで1番大事だと思いますよ。

怪しい1番人気を考えるのには例えばこういう考え方もあります。」

  1. 血統でやたらに人気している。
  2. 内枠や追い込み馬
  3. 馬体重が使う度に減っている
  4. 未経験の条件
  5. 2,3着が多い馬
  6. 馬場適性

 

コロ助「実力より血統で過大評価されている馬は嫌だ。」

 

実況「たしかに良血馬や偉大な兄などがいる弟は過剰人気になりますよね。血統や兄弟の活躍で人気になったがさっぱりだったということはよくありますよね。」

 

コロ助「人気馬が内枠や追い込み馬は嫌だ。」

 

実況「内枠は一見有利に見えますけど、詰まる可能性もありますよね。過去にはメジャーエンブレムロードカナロアビッグアーサーなどがダントツ人気で詰まったりして負けていますね。ダントツ人気の内枠はリスクもあることを覚えておいたほうがいいですね。追い込みはやはり後ろから行く分、どうしても外を回すロスなどがありますので前が止まらないと差し遅れるリスクがありますよね。」

 

コロ助「馬体重がずっと減っている馬は嫌だ。」

 

実況「使いつつ馬体重が増えているのはいいって聞きますけど、ずっと減り続けているのはカイバの食いが悪かったり、調子が悪い可能性がありますよね。ただ普通にダイエットしただけの可能性もあるのでしっかりと前後のレースの馬体重はチェックしたいですね。」

 

コロ助「未経験の条件は嫌だ。」

 

実況「未経験の距離やダート芝代わりは人気薄なら狙いたいですけど人気馬なら疑ってみたいですよね。」

 

コロ助「勝ちきれない馬は嫌だ。」

 

実況「2,3着が多い馬は次こそはと人気になりますが、1着になるためにはなにか足りないということなんですよね。

そういう時に限って着外になるなんてことはよくあります。

下級条件なんかだと上のクラスに行くのを嫌がって着拾いを繰り返すような馬もいるみたいですからね。」

 

コロ助「馬場が悪いときの1番人気は嫌だ。」

 

実況「これはもう走ってみないとわからないところがありますしね。重い馬場が得意なサトノクラウンみたいな馬とかならいいんですけどね。馬場が悪い時は勝負自体を避けたほうが無難ですよね。」

 

コロ助コロ助が買った時は来なくて、買わない時に限って来る1番人気は嫌だ。」

 

実況「それは仕方がないです。頑張って危険な1番人気を見分けましょう。」

 

コロ助「はい。」

スポンサーリンク