スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

逃げ馬と先行馬の違いとは?

コロ美「ちょっとコロ助。いきなり呼び出して何の用なの?」

 

コロ助「今度NGE48ってグループを作ろうと思ってさ。ちょっとメンバーに入ってくんない?」

 

コロ美「却下。」

 

実況「まあまあコロ美さん。一応歌まで作ったみたいなんでそれだけきいてもらってもいいですか?」

 

コロ助「そうそう。歌を聴いたら気持ちも変わるかも。」

 

コロ美「聴くだけよ?」

 

コロ助「それでは聴いてください。

逃げたかった2019。

逃げたかった。逃げたかった。

逃げたかった。イエス

逃げたかった。逃げたかった。

逃げたかった。イエス

ポジーーー。」

 

コロ美「帰りまーす。

あっ。

そういえばこの間、競馬仲間のカズヤ君が逃げ馬と先行馬の違いを教えて欲しいって言ってたから説明してあげてね。

それじゃバイバイ。」

 


f:id:yk10310266:20190218140624j:image

 

コロ助「帰りやがった。やっぱり逃げ坂46の方が良かったかな?」

 

実況「そういう問題じゃないと思いますが(笑)。」

 

コロ助「しょぼーん。」

 

実況「まあまあ。逃げ馬と先行馬の違いですって?」

 

コロ助「それじゃ逃げ馬と先行馬の違いだよね?

当たり前だけど逃げ馬は1番前を走る馬だよね。先頭を走るので自分のペースで走ることができるのと、前に馬がいないので気分よく走ることができますし、前に他の馬がいないので不利を受けることもありません。

逃げ馬にもいろんなタイプがいて、スローの逃げでしか活躍できないタイプや速いラップで逃げて後続に脚を使わせるタイプなどがあります。

長距離なんかでは離した大逃げをする場面もあります。

基本的にはスローペースでは有利になり、ハイペースでは逃げはしんどくなります。

 

先行馬は逃げ馬の後ろで競馬をする馬ですね。

こちらも差し馬に比べると不利を受ける可能性は低くなります。

逃げ馬と違ってペースを作ることはできないので抜け出すタイミングが要求されますね。(逃げ馬の騎手が未熟な場合、2番手の騎手の技量が高い時は2番手の騎手が実質レースをコントロールすることもあります。ユタカさんなんかは逃げても番手でもかなり上手いですよね。)

こちらもスローペースでは有利になりますが、ハイペースでは前が苦しくなっていきます。」

 

実況「逃げ馬でも先行馬でもやっぱり前が有利ですよね?」

 

コロ助「差し馬みたいに詰まるリスクや外を回すリスクが少ないし基本的にはスローになることが多いからね。

流れそうなレースでも蓋を開ければスローってことが多いしね。

展開が読めないときはスローに決め打ちする方が確率はいいと思うよ。あとはいつも言ってるけど逃げれなかった馬や前に行けなかった先行馬の次は買いです。前に行くショックがかかるのでパフォーマンスを上げてくる可能性があるからね。」

 

逃げたかった。逃げたかった。

逃げたかった。イエス

逃げたかった。逃げたかった。

逃げたかった。イエス

次はーーー。

 

 

スポンサーリンク