スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

金鯱賞2019逃げ馬注意報

コロ助「どもコロ助です。昨日アップしたポラリスステークスは本命がまさかの1番人気だと~?」

 

実況「皆さん逃げショックのあの馬に気付いたみたいですね。先行馬も少ないですしね。」

 

コロ助「もうちょっと人気が下がることに期待して金鯱賞の予想に入りましょう。」

 

実況「ここはダノンプレミアムの復帰戦に加えてメンバーが豪華になりましたよね?」

 

コロ助「うー。

悩むな~。

逃げ馬がたくさんいるしな~。」

 

実況「はいはい。

そんなフェイクはいらないです。

本命はタニノフランケルでしょ?」

 

コロ助「ちょっとくらい読者さんにどの馬を本命にするのかの楽しみを取っておこうと思ってさ。」

 

実況「バレバレですよ。逃げ馬1頭しかいないですしね。」

 

コロ助「それじゃあタニノフランケルが狙えるか見ていきましょう。」

 

中山金杯は逃げての3着、前走小倉大賞典は2番手からの競馬で2着。

今回は逃げれば逃げショックがかかるタイミングで他に逃げそうな馬もいないので単騎逃げが濃厚。

ここ2年もサトノノブレス、ロードヴァンドールが2着に逃げて粘っている。

コース形態的にスローになりやすいがタニノフランケルは少し早めに仕掛けるタイプなので早めに仕掛けて雨で悪くなった馬場でどれだけ粘れるかですね。

馬場が悪くなって後続の馬の脚が削がれる可能性もありますしね。

金鯱賞は有力馬にとっては前哨戦になりますし、馬場が悪くなれば次のレースのことを考えてそこまで無理はしてこないでしょうね。

 

タニノフランケルは好走できるのか?

  • 逃げショック
  • 単騎濃厚
  • 逃げ馬が残るレース
  • 有力馬は叩き台、タニノフランケルは3戦目
  • 馬場が悪くなりそう

 

コロ助「普通に買えるわ。

これ。」

 

実況「これだけ買い要素があれば狙うしかないですよね。」

 

コロ助「やはり逃げ馬にとっては単騎で行けるというのは1番重要だからね。そこに逃げショックが加わればいうことなし。」

 

◎タニノフランケル

自信度★★★☆☆

勝負度★★★☆☆

 

コロ助「もう一度言おう。

これは前哨戦であると。」

 

実況「能力は下でも状態と展開と逃げショックでなんとかなりそうですね。」

 

コロ助「時に展開は能力を凌駕する。」

 

 

スポンサーリンク