スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

馬券のヒント。馬連と馬単の攻略。

あれは2010年のジャパンカップ

 

コロ助はまだ20代だった。

このレースは1番人気のブエナビスタで鉄板やろ。相手はローズキングダムしかない。

 

馬単10万勝負。

オッズは10倍。

的中すれば100万の払い出しだ。

 

レースが始まり最後の直線見事にブエナビスタが1着でゴールを駆け抜ける。

しかも2着にはローズキングダムが入った。

 

きたー。よーし。よーし。よーし。

歓喜にわくコロ助

100万、100万。

 

100万円の払い出しにドキドキが止まらないコロ助に衝撃の知らせが。

 

審議

 

まさかのブエナビスタが斜行で降着

2着のローズキングダムが1着に繰り上がりになったのだ。


f:id:yk10310266:20190319181341j:image

 

 

魂が抜けるコロ助

手に持った10万円の馬券はチリと化した。

 

さらに追い討ちをかける出来事がコロ助を襲う。

 


f:id:yk10310266:20190319181402j:image

 

馬連は710円ついていた。

10万円買っていたら71万円の払い出し。

 

コロ助はオッズを全く見ていなかったのだ。

馬連7倍に対して馬単が10倍。

 

こんなのリスクを考えれば馬連の方がいいに決まっている。

 

しかしこの時のコロ助にはそれがわからなかった。

 

 

 

コロ助「悲劇だ。」

 

実況「悲劇ですね。」

 

コロ助「これは凹んだね。馬連にしとけば71万だぜ。」

 

実況「きついですよね。馬連にしとけばね。」

 

コロ助「特に断然人気の馬からの馬単は割りに合わないよね。少しの不利とかで2着になったらハズレだし、そもそも馬連とあまり配当が変わらないしね。」

 


f:id:yk10310266:20190319181959j:image

 

実況「これは今年のチューリップ賞の結果ですね。」

 

コロ助「そう。断然人気のダノンファンタジーが勝ったんだけど馬連1000円に対して馬単は1300しかつかないよね。

馬単馬連の2倍当たりにくいと考えれば配当も2倍ないと割りに合わないと思わない?」

 

実況「たしかに逆に人気がない方が勝ったりすると配当が跳ねますよね?」

 

コロ助「そうなんだよね。馬単は人気薄が勝ったりすると馬連の何倍もついたりするからそこを狙う馬券だよね。

ちょっと昔のレースだけどハーツクライディープインパクトを倒した有馬記念馬連が750円に対して馬単が3300円もついています。」


f:id:yk10310266:20190319182353j:image

 

実況「みんなディープインパクトから買ってるってことですね?」

 

コロ助「そういうことです。人気馬から買うなら馬連。人気薄から買うなら馬連とボーナス的に馬単を買うといいかもね。

とにかく断然人気からの馬単は損です。

コロ助みたいにならないように気を付けなはれや(笑)」

こちらの記事もよろしくです。

高松宮記念2019モズスーパーフレア、ダノンスマッシュの不安点とは?

 

 

スポンサーリンク