スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

馬券のヒント。馬券は我慢が大事。

ここはとある病院。

今日も救急患者が運ばれてきたようです。

 

救急隊員「先生お願いします。」

 

実況医師「患者の容体は?」

 

救急隊員「外傷はありませんが。意識レベルが危険水域です。何かよく分からないことを口走っています。」

 

実況医師「患者の情報は?」

 

看護婦「はい。患者の氏名はコロ助さん。

大阪杯の予想をしていた時に急に倒れたそうです。意識はないのですが、『買いたい。買いたい。』とぶつぶつ繰り返し口走っています。」

 

実況医師「この患者は以前にも似たような発作を起こしているな。この患者のカルテを。」

 

看護婦「はい。どうぞ。」

 

実況医師「ふむ。そうかわかったぞ。この患者は昔にぶっこみの病歴がある。恐らく大阪杯に結構自信があるのだろう。再びぶっこみたいという衝動が抑えられなくなっているのだろう。」

 

看護婦「先生。どうしましょう?」

 

実況医師「ぶっこみは薬物依存と同じようなものだ。大金を賭けることに脳が強い快感を覚えてしまうから質が悪いんだ。でもこの患者は我慢することが馬券の回収率を上げるには大事だということを知っている。いらないレースを買わないことはもちろん大事だし。自信のあるレースで勝負するのも大事。だが限度を越えたぶっこみはリスクが高いということもこの患者はわかっている。

だからぶっこみたいという衝動と我慢という理性がぶつかったことによって意識がなくなったんだろう。」

 

看護婦「我慢の方が勝ってくれるといいのですけどね。」

 

実況医師「そうだな。念のためにコロ助さんの口座を一部凍結してあんまり買えないようにしとこうか?」

 

看護婦「それがいいですね。口座にお金がなければ買いたくても買えませんし。」

 

実況医師「そうだな。どうしても馬券は当たる方のことばかり考えてしまうから質が悪い。しっかりとハズレた時のリスクも考えて買わないといけないね。競馬は我慢も勝つためには大事ですよ。

 

皆さんも我慢という薬を処方しときますのでしっかりと飲んでくださいね。我慢できなくなる人は最初に決めた金額以上に使えなくするような工夫をしてみてください。(カードを持って行かない。必要分しか入金しとかない。)」

 

 

競馬は適度に遊ぶ大人の遊びです。

こちらの記事もよろしくです。

『馬券のヒント。まずは馬券のレベルを上げよう。』

 

スポンサーリンク