スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

大阪杯2019コロ助予想

コロ助「どもコロ助です。今日は大阪杯の予想をしていきます。それにしても2開催だと予想が大分楽だよね。」

 

実況「3開催だとレースを見るのも大変ですしね。」

 

コロ助「レースの復習もその分時間がかかるしね。」

 

実況「それでは予想をしていきましょうか?」

 

コロ助「ほい。まず逃げるのはキセキでしょうね。エポカドーロも逃げる可能性はあると思いますが、綿密な作戦を立てる藤原調教師ならキセキがいるならば2番手から抜け出す競馬をさせるはず。」

 

実況「なるほど。キセキはここ最近は逃げることでパフォーマンスを上げてきましたね?」

 

コロ助毎日王冠で川田騎手もこの馬のことを掴んだんだろうね。有馬記念でも外枠から無理矢理逃げましたし、後続に脚を使わせる逃げがこの馬にはベストだと考えてると思います。今回も肉を切らせて骨を断つ逃げを見せてくれるんじゃないですか?」

 

実況「ジャパンカップもアーモンドアイさえいなければこの馬の圧勝だったらはずですもんね?」

 

コロ助「アーモンドアイが先行じゃなくていつもの後方からなら勝ってたと思いますけどね。調教を見る限りでは動けていますし、昨年の疲れも心配はなさそう。」

 

実況「去年の有馬記念に使うって聞いた時、コロ助さん驚いてましたもんね?」

 

コロ助古馬三冠全てに使うなら、普通は天皇賞(秋)から使うのが定石だよね。元々予定の無かった有馬記念ジャパンカップの激走の後に使うのはどうかなっと思ったんだよね。それで有馬記念は軽視したんだけど。」

 

実況「内容もある強い5着でしたよね。」

 

コロ助「負けて強しという内容だよね。馬場もスタートも悪かったしね。今回はキセキが逃げるのはほぼ確定。序盤はゆっくりと逃げるにしても中盤以降は緩ませない逃げを打ってくるはず。そうなると後続は追走に脚を使うし、直線の短い内回りで外を回して差してくるのは難しいはず。内回り2000メートルらしい立ち回りと持久力が要求される展開になるんじゃないですか?」

 

実況「キセキはもちろん本命ですよね?」

 

コロ助「自信の本命です。馬場がどこまで悪化するかはわかりませんが状態さえまともなら3着ははずさないと見ています。極悪馬場の菊花賞を勝っていますしね。」

 

実況「なるほど。今回はある程度前に行けて持久力があるタイプに流れが向きそうですね。」

 

コロ助「となるとアルアインが面白そう。

この馬は結構厳しい流れになった小回り2000メートルの皐月賞を勝っていますし、条件的には内回りの小回りはベストなはず。

どうも好走ポイントが狭いタイプみたいですし後半勝負ではキレ負けしてしまいますので、今回の速い脚が要求されなさそうな舞台はぴったりはまりそうです。枠も絶好の内枠を引きましたし、皐月賞のような競馬をイメージして乗ってくるか?

 

あとは枠で少し評価を落としたエアウィンザー。小回り2000メートル得意のキンカメ産駒でこの舞台の適性は1番高いはず。

内枠なら対抗にしようと思いましたが枠の分3番手に。

あとはキセキが作る流れが向きそうなエポカドーロとダンビュライトを抑えます。

 

外を回しそうなブラスト、ステル、ペルシアン、コーナーでの加速が苦手そうなワグネリアンは思いきって切ってみます。」

 

大阪杯

◎キセキ

アルアイン

▲エアウィンザー

エポカドーロ

△ダンビュライト

 

単勝

馬連◎ー印

ワイド◎ー○

3連複

◎ー印

 

コロ助「キセキが2着以上で差し馬は3着以下と決めうちしてこれで勝負します。」

 

実況「思い切りましたね?」

 

コロ助「差し馬は3着以下でお願いします。イメージ通りの展開なら差しては3着までが限界なはず。」

 

実況「イメージ通りになるように祈りましょう。」

 

コロ助「キセキはアーモンドアイがいない日本では負けられない。明日も頼むぞ川田ー。」

 

 

スポンサーリンク