スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

桜花賞2019考察4アクアミラビリス、グランアレグリア考察

コロ助「どもコロ助です。今日も桜花賞の考察をしていきます。」

 

実況「今回はアクアミラビリスとグランアレグリアの考察ですね。」

 

コロ助「アクアミラビリスもデムーロ騎手がこの馬を選んだとすればそれだけでも怖いよね。

それじゃいきましょう。

1月に行われたフェアリーステークスでは出負けし、そこから位置を取りに行ったことでかかってしまい最後は伸びを欠きました。」

 

実況「前走のエルフィンステークスでは凄い末脚を繰り出しての完勝でした。」

 

コロ助「このレースを見ていきましょうか?」

 


f:id:yk10310266:20190403140237j:image

 

実況「スタート後行き足がつかずに最後方からの競馬に。」

 


f:id:yk10310266:20190403140340j:image

 

コロ助「そこからも位置を上げることなく後方て脚をためます。」

 


f:id:yk10310266:20190403140421j:image

 

実況「4コーナーに入る所でもまだこの位置です。」

 


f:id:yk10310266:20190403140523j:image

 

コロ助「直線に入ってもこの位置。」

 

実況「そこから凄い脚を使うんですよね。」

 


f:id:yk10310266:20190403140631j:image

 


f:id:yk10310266:20190403140650j:image

 

コロ助「上がり33.3の脚で差し切りました。この時の3着のノーブルスコアはチューリップ賞でも3着に入ってますので、チューリップ賞に出てても好走した可能性は高いでしょうね。」

 

実況「差しが決まる展開になればこの末脚は怖いですよね。」

 

コロ助エルフィンステークスでこれだけのキレ味を見せているので、今さら前に行かせることはないでしょう。後方でためて直線でどれだけ抜けるのかという競馬になるでしょうね。」

 

実況「ハープスターの時のような競馬ですね。」

 

コロ助「たしかにハープスターがイメージしやすいね。末脚の破壊力は上位人気のメンバーと遜色ないと思うので結構怖い存在になるんじゃないてすか。」

 

実況「デムーロ騎手も調子悪そうですけど、1発狙ってきそうですね。」

 

コロ助「次はタンタアレグリアです。」

 

実況「えっ?グランアレグリアでしょ?」

 

コロ助「あっ。いっけね~。似てるから間違えたよ(笑)。」

 

実況「前の記事でもタンタアレグリアって書いてるのを読者さんに指摘され修正したんじゃないですか。」

 

コロ助「意外と間違いって自分では気付けないんだよね。とにかくグランアレグリアです。」

 

実況「新馬戦ではダノンファンタジーに完勝。2戦目のサウジアラビアRCでは出遅れから一気に番手くらいまで上がっていき、馬なりで先頭に並びかけ、ゴーサインで一気に加速。そのまま後ろを突き放す完勝でした。」

 

コロ助「たしかに強い競馬だったけど、スタートが悪いのと気性的に幼いのが気になりますね。サウジアラビアRCもメンバーがそれほど強くありませんでしたし。」

 

実況「その次がルメール騎手が乗れないとの理由で牝馬ながらに朝日杯フューチュリティステークスに使われます。」

 

コロ助「結果的には3着に終わるんだけど、物足りない内容でしたね。ポリトラックでの調教の影響かアドマイヤマーズに早めに合わせられたのが精神的に堪えた可能性もありますね。」


f:id:yk10310266:20190403142359j:image

 

実況「これは直線入り口ですね。早めにデムーロ騎手のアドマイヤマーズが馬体を合わせにいきます。」

 


f:id:yk10310266:20190403142508j:image

 

コロ助「そこからグランアレグリアは内にかなり刺さっていきます。これがアドマイヤマーズに馬体を合わせられた影響なのか、元々の癖なのかがちょっとわからないところですね。」


f:id:yk10310266:20190403142642j:image

 

実況「その後はルメール騎手が内ラチにぶつからないように修正しながらの騎乗。」

 

コロ助「刺さる癖があるなら右回りは割り引きだよね。この馬はスピードの持続力で勝負する馬だから追い比べになる阪神外回りよりは、高速馬場を先行して押しきれる東京の方が間違いなくいいタイプだよね。」

 

実況「ペースが流れるのもあまり良さそうではないですよね?」

 

コロ助「そうだね。桜花賞がどれくらいのペースになるかがポイントだよね。例年のスプリンターが出てきて流れるようだと追い比べになりそうだし切りたいかな。」

 

実況「でも逃げそうな馬もいませんし、グランアレグリアが逃げるかもという話もちらほら聞きますよ?」

 

コロ助レッツゴードンキが勝った年みたいなパターンも可能性はないわけじゃないしね。スローで後ろとのリードを取れれば刺さりながらでも逃げ切る可能性もありますよね。」

 

実況「陣営も対策はしてるでしょうしね。」

 

コロ助「逃げるかどうかも枠とコメントを見てから判断したいね。

恐らく玄人ほどグランアレグリアは危険な人気馬に見えます。個人的には逃げるなら買いたいし、逃げないなら切りたいです。」

 

桜花賞考察3アネモネステークス、フィリーズレビュー振り返り。

 

 

スポンサーリンク