スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

馬券のヒント。競馬で帯(100万円)をとる方法。


f:id:yk10310266:20190507222419j:image

コロ助「どもコロ助です。今日は競馬で帯(100万円)をとる方法を教えたいと思います。」

 

実況さん「えっ?コロ助さん帯を取ったことあるんですか?」

 

コロ助「ふっふっふ。

 

 

ない(笑)」

 

実況さん「ずこーん。ないんかい。」

 

コロ助「取ったことはないが敢えて取ってないだけさ。しかし取り方は知っている。」

 

実況さん「どういうことですか?」

 

コロ助「帯(100万円)を取るためには、

①帯になるような馬券を買う。

②帯になるように馬券を買う。

 

この2つがあります。」

 

実況さん「同じじゃないですか?」

 

コロ助「ちょっと違うかな。説明していくね。

①帯になるような馬券を買う。

馬券で帯を狙おうと思えば思い付くのは三連単Win5だと思います。

ただ帯を狙うのであれば、人気馬ばかり買っていたら高配当(帯)は取れません。穴馬を本命にしたり100万馬券の可能性がある馬券を買う必要があるよね。高配当が取りたいと言ってる一方で買い目に高配当の組み合わせがない人もちらほらいるよね(笑)

 

②帯になるように馬券を買う。

これは払い戻しが帯になるように買う方法です。

単勝5倍に20万を賭ければ100万です。

3連複で1万ずつ流して万馬券の組み合わせで当たれば帯です。

(オッズが下がるとかの突っ込みはなしね。)」

 

実況さん「なるほど。難易度としては②の方が確率は高いですよね。リスクは高いですけど。」

 

コロ助「これがコロ助か帯を取れない理由でもあります。帯になるような馬券も買わないし、帯になるように馬券を買うこともないからね。

前にもブログで書いたけど、昔ジャパンカップブエナビスタローズキングダム馬単10倍に10万賭けたことがあったって言ったじゃん?」

 

実況さん「ブエナビスタ降着になってハズレたあれですよね?馬連でも7倍ついてて悶絶したという伝説の。」

その時の記事です。

馬券のヒント。馬単と馬連の攻略。

 

コロ助「そうそう。あれで大金を賭けるのは止めたんだけどね。

 

確かに帯は魅力ですけど無理に狙いにいかなくてもいいんじゃねぇ?

 

あなたのスタイルが大穴狙いのスタイルならいいけどね。自分のスタイルにあった配当を狙っていけばいいとコロ助は思います。みんな他人の当たりを気にしすぎなんだよね。」

 

実況さん「でも気になりますよね。」

 

コロ助「他人は他人。自分のスタイルを崩さないようにいきましょう。

あなたのスタイルはなんですか?(笑)」

 

こちらの記事もヨロシクです。

ヴィクトリアマイル2019血統でレッドオルガは穴人気?

 

コロ助への応援または支援はこちらから。

スポンサーリンク