スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

オークス2019レーン騎手はG1をレーン勝するのか?


f:id:yk10310266:20190513135836j:image

 

コロ助オークスはとりあえずレーン。」

 

実況さん「去年の取り敢えず外人騎手を買っとけばいいというのと同じ感じになってきましたね。レーン騎手の活躍が止まりませんね。」

 

コロ助「いい馬に乗っているのもあるんだろうけど、やっぱり上手いんだろうね。これからはレーン騎手が乗るだけで人気になる現象がおこるかもしれませんね。」

 

実況さん「オークスでもルメール騎手が乗るはずだったコントラチェックに騎乗しますね。」

 

コロ助「予想オッズでは1番人気ですね。今日はレーン騎手がG1をレーン勝するか考えてみようかと思います。」

 

実況さん「連勝ですね?」

 

コロ助「レーン勝です(笑)。コントラチェックはグランアレグリアとの使い分けで桜花賞を使わずにオークスに直行のローテーション。直行自体は外厩の発達で全く問題ないでしょうね。全3勝を逃げであげているように逃げがベストの戦法。他に逃げそうなのが抽選組のジョディーくらいなのでジョディーが出なければ、単騎濃厚かもしれませんね。能力的にはあっさり勝ってもおかしくないよね。」

 

実況さん「逃げ馬の成績があまり良くないオークスという舞台がどうかですね?」

 

コロ助「それはあまり気にしてないかな。おそらく1番人気になるような逃げ馬が出てなかっただけかもしれないしね。データもあまり過信すると良くないよね。」

 

実況さん「何か死角はないんですかね?」

 

コロ助「レーン騎手は逃げのイメージはないんだよね。積極的に位置は取りに行くけどね。番手の競馬は結構しているのは見ているけど。」

 

実況さん「誰かが行けば控える競馬をすると?」

 

コロ助「可能性の1つとしてね。スタートが早い馬だから逃げる可能性が高いでしょうしね。でもあまり逃げでのレースメイクが得意でなかったらドスローの逃げにするかもしれないね。どちらかといえば持久力を生かす逃げの方がいいタイプに見えますが。」

 

実況さん「早すぎて前が止まったヴィクトリアマイルのイメージがありますしね。」

 

コロ助「ドスローの逃げなら瞬発力に優れた馬に負ける可能性はあるでしょうね。ただ逃げられなかった時が1番怖いかなと見ています。」

 

実況さん「それはなぜですか?」

 

コロ助「前走も気分良く逃げての圧勝だったからかなりコントラチェックにとっては楽な展開だったはず。それが逃げられないとすると前に馬がいることがストレスになるかもしれません。逃げ馬は逃げれないと途端に成績が悪くなるからね。」

 

実況さん「前走よりもストレスがレース中にかかるということですね?」

 

コロ助「分かりやすく例えると、高速道路で前に誰もいない状態で気分良く走っていた後に前にずっと車がいる状態になったらどう?」

 

実況「分かりやすい(笑)確かにストレスが増えますね。」

 

コロ助「競走馬はストレスに敏感だからね。逃げられないと惨敗の可能性もあると見ています。」

 

実況さん「逃げ馬ですが本命にするんですか?」

 

コロ助「1番人気を本命にするのもね~(笑)面白くないので別の馬を本命にすると思います。」

 

実況さん「レーン騎手のレーン(車線)に乗らないんですね?」

 

コロ助「みんなが乗るレーンには乗りたくないね(笑)」

 

みんなはレーン騎手のレーン勝のレーン(車線)に乗る?

 

こちらの記事もよろしくです。

ヴィクトリアマイル2019回顧っす。

 

スポンサーリンク