スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

目黒記念2019予想考察。ブラストワンピースは鉄板?


f:id:yk10310266:20190522224811j:image

 

コロ助「どもコロ助です。今日はダービーの後に行われる目黒記念の考察をしていきます。」

 

実況さん「なんかダービーが終わって興奮している中で行われる重賞ってワクワクしますよね。」

 

コロ助「そうだね。去年のJBCなんかも良かったよね。現地に行けたファンは3連続でG1ファンファーレが聞けたし幸せだよね~。あーうらやましい(笑)」

 

実況「それでは目黒記念の考察をしていきましょうか?ブラストワンピースが59キロで出走してきます。」

 

コロ助「穴党のみなさん。おめでとうございます。ブラストワンピース59キロですって。」

 

実況さん「穴党の方は嫌うでしょうね。ただ凱旋門賞に向かうにはこんなところで負けてられないですよね?」

 

コロ助「負けたらハンデのせいにすればいいんじゃない。見えるね。

『いい感じだったのですが最後は止まりました。最後止まったのは59キロの分ですね。』

ってコメントをしているのが。」

 

実況さん「それでもメンバー的にここは負けられないんじゃないんですか?鉄板って思ってる人は結構いそうですけど。」

 

コロ助「私は鉄板って言われるの嫌いです。」

 

実況さん「競馬は何が起こるかわからないですもんね。」

 

コロ助「そうだよ。当日馬体重がマイナス20キロかもしれないし、めちゃくちゃテンション高いかもしれない。タックルされたり大きく出遅れるかもしれませんしね。競馬に鉄板っというのはないよ。

たしかにこのメンバーの中では実力は二枚くらい抜けているかもしれませんけどね。大阪杯でも外外を回した馬は失速していたが、この馬だけは伸びていたしね。でも不安点があるなら疑うところからスタートしたいよね。」

 

実況さん「人気馬は不安点を疑い、人気薄は不安点に目を瞑り加点材料を評価することが大事なんですよね?」

 

コロ助「そうだね。不安材料があるから人気がないのであって、それ以上に狙える根拠があるならそういった旨味のある馬を狙いたいね。」

 

実況さん「目黒記念はダービーの2400メートルと違って距離が100メートル伸びた2500メートルで行われますね?」

 

コロ助「100メートル伸びることにより坂を2回登らないといけなくなるのでよりタフなコースになりますね。割りと適性も要求されてリピーターも多くなるようなコースなので過去にこのコースで結果を出している馬は要注意だね。」

 

実況さん「ブラストワンピースは59キロ以外に不安なんてあるんですかね?」

 

コロ助「まずはスタートが安定してないのが不安だよね。後方からになってスローペースになった場合に瞬間的にキレる馬じゃないからね。差し遅れるリスクはあるかもね。圧倒的人気になるなら差し遅れて頭には来ない馬券を買った方が期待値は高いと思うけどな~。」

 

実況さん「なるほど。ブラストワンピースは力は抜けているものの力を出しきれずに負けるパターンもあるというわけですね。」

 

コロ助「毎回ベストパフォーマンスを出せるわけじゃないからね。

例えばブラストワンピースの力を100とします。ブラストワンピースがなんらかの原因で70~80%のパフォーマンスしか出せなかったとしたら70~80くらいの力しかない馬でも適性や展開などによって100~110%力を引き出されればいい勝負以上になってもいいよね。」

 

実況さん「なるほど分かりやすいです。」

 

コロ助「だから目黒記念は適性などによってパフォーマンスを上げてきそうな馬を狙う方がいいと思うよ。人気所ではムイトオブリガードなんかベタに来そうな気がするね。東京コース変わりでパフォーマンスを上げてくるでしょうしね。人気薄で注目してるのが

ウインテンダネス

最近は結果が出ていないが去年の勝ち馬ということでこの舞台の適性は間違いないでしょう。左回り巧者で高速馬場巧者でもあるので、得意の舞台に変わっての一変にも期待しています。」

 

実況さん「楽しみですよね。ダービーで勝った人も負けた人も熱くなりそうですね。」

 

コロ助「ダービーでお金無くなる人もいるかもしれないけどねー(笑)」

 

こちらの記事もよろしくです。

日本ダービー2019。穴を空けるのはキンカメ産駒?

 

 

スポンサーリンク