スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

エプソムカップ2019回顧っす。


f:id:yk10310266:20190610134242j:image

 

コロ助「みなさん、おヒャッハー。」

 

実況さん「なんですか?おヒャッハーって?」

 

コロ助「挨拶だよ。あ・い・さ・つ。

オッハーみたいに流行らせようと思って(笑)

『おはようございます今週もヒャッハーしましょうね』を略したらおヒャッハーになるでしょう?」

 

実況さん「略し過ぎだ(笑)」

 

コロ助「それはいいとしてエプソムカップはある意味凄いレースになったよね。」

 

実況さん「そうですね。」

 

コロ助「簡単に言うと

直線までは歩いて、直線からのダッシュ勝負(笑)。」

 

実況さん「それではレースを見ていきましょう。」


f:id:yk10310266:20190610134905j:image

 

実況さん「アップクォークが痛恨の出遅れ。」

 

コロ助「この出遅れでtheエンド。これも競馬だし仕方ないよね。」

 


f:id:yk10310266:20190610135114j:image

 

実況さん「押し出されるようにサラキアが先頭に立ちます。レイエンダが2番手。」

 

コロ助「まさかのスタート悪い馬二頭が好スタート。」


f:id:yk10310266:20190610135229j:image

 

実況さん「ダノンキングダムは行かなかったですね?」

 

コロ助「このペースだし行こうと思えば行けたと思うんだけど控えちゃったか~。結果的にここでダノンキングダムが行かなかったことがドスローになった大きな要因のひとつでしょうね。」

 


f:id:yk10310266:20190610135737j:image

 

実況さん「1000メートル通過が1.03.9。」

 

コロ助「かなり遅いよね。なかなかここまでのスローはお目にかかれないよね。」


f:id:yk10310266:20190610140110j:image


f:id:yk10310266:20190610140136j:image

実況さん「結果的に行った行ったで前が止まらず。2番手のレイエンダが逃げるサラキアを捕らえようやく差してきたソーグリッタリングが3着まで。」

 

コロ助「はい。直線だけの競馬でほぼ位置取りだけの競馬でしたね。

これは読めんわ。」

 

実況さん「まさかのサラキアの逃げでしたね。」

 

コロ助「これはどう分析してもサラキアの逃げは読めないから諦めるしかないと思います。あそこまでドスローになってしまうと後方の馬は出番なしになりますよね。ダノンキングダムなんかは直線の急加速に全く反応できなかったので逃げてもう少し持久力が問われる展開にした方がよかったね。」

 

実況さん「なぜ他の騎手は動かなかったのでしょうか?」

 

コロ助「流れにガッツリハマってしまうとなかなか動けないんじゃないかな。直前の雨で芝が滑りやすい状態だったのもあるし、それにヘタに動いて惨敗すると責任が問われるしね。その点ルメール騎手やデムーロ騎手なんかはペースが遅いと感じるとスッとポジションを上げてくるしね。失敗しても乗り代わりにならないから気楽に乗れる部分はあるだろうね。」

 

実況さん「なるほど。

確かに外国人騎手は勝負になるポジションを取りにきますよね。」

 

コロ助「これもミスするとすぐに乗り代わりになる状況が生んだ弊害だよね。ニシノデイジーの馬主さんみたいに失敗しても勝浦騎手を乗せ続けてくれるような馬主さんはいないものか。」

 

状況さん「でも馬主さんの立場になるとやっぱり勝てる騎手に乗って欲しいと思うんでしょうね。」

 

コロ助「確かにね。日本人騎手も失敗を恐れずにどんどん攻めた騎乗を見せて欲しいよね。

今回みたいな展開は事前に読むのは無理です(笑)

これはイレギュラーなパターンとしてあまり気にしない方がいいと思いますよ。

しっかりと自分の展開予想にハマった時にガッツリ回収していきましょう。」

 

状況さん「そうですよね。ハマった時に回収が大事ですね。」

 

コロ助「そうそう。

それではみなさん

こんヒャッハー。」

 

状況さん「それは?」

 

コロ助「今週こそはヒャッハーしましょうね。」

こちらの記事もよろしくです。

穴馬を美味しく調理する方法。

 

 

スポンサーリンク