スポンサーリンク

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

マルターズアポジー再生計画


f:id:yk10310266:20190709134008j:image

 

マルターズアポジーはもう終わり。

実況さん「こんなファンの声を結構聞きます。それについてコロ助さんから一言。」

 

コロ助「このバカちんがー。」

 

実況さん「うわっ。びっくりするじゃないですか?そんな大きな声を出したりして。」

 

コロ助マルターズアポジーは終わっちゃいねぇ。

だってまだ逃げられているでしょ?

逃げ馬が終わるのは逃げられなくなった時だけ。

終わった馬が千メートル58秒で逃げられますかってんだ。

ばろーちくしょうめ。」

 

実況さん「どうどう。

コロ助さん、落ち着いてください。」

 

コロ助「はっ?

これはどうも取り乱しました。」

 

実況さん「好きな馬を終わったと言われて怒るのはわかりますけどね。でも最近の結果を見ると正直厳しくないですか?」

 

コロ助七夕賞はブラックスピネルより着順いいんだぜ?」

 

実況さん「!!!!」

 

コロ助「負けるにしてもぶっちぎりの最下位とかにはなってないしね。展開次第では馬券内の可能性はまだまだあると思うな。」

 

実況さん「中山記念でもG1馬の強敵を相手に見所のあるレースが出来てましたしね。」

 

コロ助「引退までに馬券内に入って欲しいんだけどね。

そしてその時はマルターズアポジー本命にしていたい。」

 

実況さん「そこで本命にして取れたらカッコいいですよね。」

 

コロ助「あとはレース選択だよね。七夕賞よりも函館記念の方に使っていれば面白かったのに。」

 

実況さん「函館記念は今週からコース代わりになるので立ち回りレースになりやすいですしね。マイネルミラノとかも逃げて勝ってますね。」

 

コロ助「なぜ七夕賞に使ったー?(笑)」

 

実況さん「まあ仕方がないですね。」

 

コロ助「そうだね。

ところでマルターズアポジーを復活される秘策があるんだけど、これを読んでる人でマルターズアポジーの関係者の人はいない?」

 

実況さん「秘策ですか?」

 

コロ助「ちゃんと逃げられているからちょっとしたショックがあれば一変すると思うんだよね。

だからダートの短距離戦を一回使いましょう!」

 

実況さん「ダート短距離ですか?」

 

コロ助「ダート短距離で逃げられない競馬を挟めば、次回出走時には

ダートから芝への

馬場変更ショック

中距離→短距離→中距離の

バウンド延長ショック

非逃げ→逃げで

逃げショック。

とショックのフルコースが使えるんだよ。」

 

実況さん「ショックのフルコース(笑)」

 

コロ助「これが1番効果的な再生計画だと思うんだよな。」

 

実況さん「逃げられる内にいろいろ試して欲しいですよね。」

 

コロ助「そうなんだよ。誰かマルターズアポジーの関係者の人に教えてあげて欲しいです。」

 

実況さん「また強いマルターズアポジーの逃げを見せて欲しいですね。」

 

コロ助「途中までは凄い逃げをしてるんだけどね(笑)あとはショックが足りないだけだよ。ダート短距離を使わないまでも一回逃げない競馬を試して欲しいね。」

 

実況さん「逃げショック待ちですね。」

 

コロ助「そうだね。逃げショックが使える状況ならマルターズアポジー本命するよ。」

 

実況さん「マルターズアポジー関係者の皆様。まずはダート短距離に使ってください。」

 

コロ助マルターズアポジー関係者に届けー(笑)。」

こちらの記事もよろしくです。

七夕賞2019回顧はこちら。

 

 


コロ助が外厩を簡単に解説します。

 

 

 

 

スポンサーリンク