スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

コロ助の謝罪会見。


f:id:yk10310266:20190723134404j:image

実況さん「皆さんこんにちは。

本日はお忙しい中お集まりいただき、まことにありがとうございます。

本日は当ブログの管理人コロ助が皆様にお話したいことがあるそうなのでお集まりいただいた次第でございます。

それでは当人から。」

 

コロ助「皆さん。本日はお忙しい中お集まりいただき、まことにありがとうございます。本日は皆様に謝罪しなければならないことがあり会見を行うことになりました。

先週は平場が全く当たってないのに重賞で捲ってヒャッハーと言って申し訳ありませんでした。」

 

記者「どうしてヒャッハーと言ったんですか?」

 

コロ助「あの~。その場を和ませようと冗談のつもりで・・当たって嬉しかったのもありますし・・」

 

記者「コロ助さんの予想を参考に平場を買って損した人はいると思いますよ。」

 

コロ助「それにつきましては大変申し訳ないと思っております。馬券を買ってくれた方に不安な思いや憤りを感じさせてしまったことを私自身反省しないといけないと思っています。」

 

記者「どうして平場の馬は来なかったんですか?」

 

コロ助「その~。本命が逃げなかったといいますか・・・。これに関しては本命馬との意思疎通ができていなかったことが原因でありますので、私も反省しなければならないと思います。」

 

記者「やはり、逃げないと厳しかったということですか?」

 

コロ助「逃げることによってパフォーマンスを上げたり、展開的に恵まれる狙いでしたので逃げられない時点で厳しかったです。」

 

記者「逃げ馬のつらいところですね。話は変わりますが中京記念の的中で3週連続的中になり今週も期待されている方は多いと思いますがそのあたりは?」

 

コロ助「うーん。ついていた部分もあるので信じすぎるのは危険だと思いますので参考にする程度にしてもらえればと思います。決して大金をぶちこんだりはしないで貰いたい。」

 

記者「反省されているということなので、もうヒャッハーは言わないんですね?」

 

コロ助「これからもヒャッハーは言います(笑)。ただ馬券は毎回当たらなくてもいいというスタンスなので長い目で見てもらえればと思います。」

 

記者「これからファンの皆様にどういうことを伝えていきたいとお思いでしょうか?」

 

コロ助「はい。競馬の素晴らしさといいますか、競馬の魅力や馬券が上手くなるヒントみたいなものをお伝えできればいいと思います。」

 

記者「最後に言いたいことはありますか?」

 

 

コロ助「こんなヒャッハー言ってるコロ助ですがこれからもよろしくお願いします。

これからも完全無料にこだわった発信を続けていきますのでお付き合いいただければ幸いです。

 

競馬は楽しむのが1番大事。

 

競馬 is freedom。

 

競馬をもっと楽しもう!

 

 

それでは皆様。御唱和ください。

 

いくぞー。

いーち。

にーい。

さーん。

 

ヒャッハーーーー!」

 

実況さん「以上を持ちましてコロ助の謝罪会見とさせていただきます。これからも『コロ助の逃げ馬注意報』をよろしくお願いします。

本日はありがとうございます。」

中京記念の回顧はこちら。

こちらの動画もよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク