スポンサーリンク
/p>

コロ助の逃げ馬注意報~競馬場の中心でそのままと叫ぶ~

逃げ馬好きコロ助の競馬ブログ。面白い競馬ブロガーとして有名になりたい~。

自分の馬券理論ありますか?


f:id:yk10310266:20190912152758j:image

コロ助「どもコロ助です。今日もよろしくねジークフリートさん。」

 

ジックン「どもジークフリートことジックンです。って違うわ!」

 

コロ助「ごめん。ごめん。実況さんことジックンですね。」

 

ジックン「もういきなり乗りツッコミさせないでくださいよ。」

 

コロ助「しばらくはこのネタで楽しめそう(笑)」

 

ジックン「止めなさい(笑)」

 

コロ助「それはそうと皆さんは自分の予想理論は何ですかと聞かれたときにどう答えます?」

 

ジックン「予想理論ですか?完全にオリジナルな理論で予想している人はなかなかいないんじゃないですかね?」

 

コロ助「そうだよね。大体が昔からある予想方法に何かしらアレンジして自分流にカスタムしたものが多いんじゃないかな。調教や血統、ラップだって昔からやってる人の理論があるわけだからね。完全なオリジナル理論というのは作るのが難しいんだよね。」

 

ジックン「コロ助さんの予想方法はどうなんですか?」

 

コロ助「私の予想スタイルはまずはどの馬が逃げそうかを考えて、その馬の好走の可能性がどれくらいあるのか?来る確率に対してのリターンがどれくらいあるのか?期待度の高い逃げ馬に投資していくスタイル。逃げ馬は逃げた時に計算できないような力を逃げショック等で出すことがあるからそこの未知の部分は完全な賭けになるけどね。」

 

ジックン「そこが未知数でいいですよね。」

 

コロ助「逃げショックでどれくらいパフォーマンスを上げて来るなんて計算できないしね。不確定要素が多い競馬において、プラスの不確定要素があるのは面白いよね。

 

予想スタイルと聞かれれば期待値の高い逃げ馬を狙うスタイルなんだけど理論となるとまだまだそこまでのものはできてないけどね。逃げ馬指数もまだまだ改良段階だし、これからしっかりと理論と言えるくらいのものを作っていきたいね。」

 

ジックン「頑張りましょう。しっかりと自分のスタイルを作るのは大事ですよね。自分のスタイルを作るにはどうしたらいいですかね?」

 

コロ助「最初は興味のある予想スタイルの予想家さんの予想をベースにしたらいいと思うよ。調教が面白いと思えば調教の予想家さんで調教を勉強してそこに自分だけのプラス要素を加える。もうそれでオリジナルの調教予想の出来上がり。同じ調教予想の人でも見解は色々あるから面白いよね。大事なのは自分の色を加えて新しい価値を作ることだよ思うよ。だから最初はいろんな予想に触れてみたらいいと思うよ。」

 

ジックン「血統やラップも浅くは知っといても損はないですしね。色んな知識はその人の土台になっていきますからね。」

 

コロ助「土台がしっかりとしてる方が後々のことを考えるといいかもしれないね。初心者の皆さんはまずは色んな予想方法、知識に触れて経験値を稼いでいきましょう。

その中でこれだと思うものにきっと出会えるはずです。

それをベースに自分だけの予想スタイルを確立していきましょう。」

 

ジックン「普通に予想してるのも楽しいですが、やはり勝つためには何かしら必要ですよね?」

 

コロ助「競馬はJRAが手数料を取った残りのお金をファン同士で取り合うギャンブルなので、みんなと同じことをしていては勝てないんですよね。みんなと違ったことをしていく為に勉強していきましょう。そういう予想方法を考えていくのもまた至上の娯楽ですよ。競馬は一生楽しめる素晴らしい趣味です。

 

終わりのない競馬道をみんなで楽しみましょう。」

スポンサーリンク